PaintsChainer
neural network

日本発のPaintsChainerはAIで線画を自動着色―ニューラルネットワークが驚異の能力

次の記事

2020年東京オリンピックのメダル材料は、スマホのリサイクルで調達予定

スケッチが趣味という人は多いだろう。しかし線画を着色するという作業にはあまり魅力を感じないかもしれない。それなら最新のデジタルアート・テクノロジーが助けになる。

Chainerというのは非常に汎用性の高いニューラルネットワークのフレームワークだ。PaintsChainerはこのChainerフレーワークをベースにスケッチを自動的に着色してくれるプロジェクトだ。コンテンツが線画でさえあれば作成したツールは問わない。各種のフォーマットがサポートされている。JPG、PNG、GIFはもちろんTIFFでもよい〔ただしαチャンネルはサポートしていない〕。

ユーザーが線画を選んでウェブページにドラグ・アンド・ドロップするだけでシステムは水彩画ないし色鉛筆スタイルで着色を実行する。

Left to its own devices, the tool comes up with interesting color choices.

ヒントなしで作業させるとこのAIツールは自分の趣味で着色を行う。

もちろんユーザーはどの部分をどんな色で着色すべきかツールに正確に指示することができる。しかしブラウザ内に表示されるツールバーのカラーパレットから色を選んで希望の場所に点を打つことでAdventure Timeの登場人物とピカチュウの例のようにヒントの入力ができる。ヒントを細かく指定するほど仕上がりもよくなるようだ。いずれにしても自分で着色するのに比べればはるかにシンプルだ。

ofy8l1hn8utva2l4k1x7odgrmehec9mw_0

特に驚きなのはこのシステムがいっさいのヒントなしでも着色を実行できることだ。ガイダンス・システムを通じてわずかなヒントを与えるだけで出来栄えは大きく改善される。現在PaintsChainerを利用した多数の画像が公開されている。下に貼ったような非常によく描けたオリジナル線画も多い。Twitterで#PaintsChainerというハッシュタグで検索できる。

〔日本版〕ベースとなるAIフレームワークのChainerのサイト。PaintsChainer開発者tai2an氏の「自動着色デモ公開」のツイート。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+