Square Retailは、小売店オーナーの要求に応える先進ソリューションを狙う

次の記事

このAmazonダッシュボタンはトランプに腹を立てるたびに人権団体に5ドル寄付する

本日(米国時間8日)Squareは、小売業の顧客に対する新しいアプローチを開始した。新しいSquare Retailアプリは、在庫管理、CRM、従業員用ツールなどを完全に含む包括的バックエンドツールを補完的に提供する。

新製品は、単なるSquare Readerと基本的なSquareモバイルアプリ以上のものを必要とする商店や店主たちに、1段上の小売ソリューションを実際に提供できるようにデザインされている。SquareのPOS責任者であるMatthew O’Connorは、このソリューションが顧客の必要に応じてスケールを実現できるものであると説明してくれた。1店舗だけの運営から、複数の店舗を持つ商店の多くの在庫を追跡するなど、あらゆる顧客をサポートすることが可能だ。

「私たちは主に、私たちが『オーナー主導型』と呼んでいるビジネスをターゲットにしています、よって彼らのビジネスをどう展開するかに関する意思決定者は、通常は1人だけ存在しています。数百の拠点へとスケールすることもできますし、数十万点のSKUやアイテムに対応することも可能です」。

Squareの新製品が、現時点で主たるターゲットとしている小売業者のタイプは、「最終製品」を扱う顧客たちだ。すなわちワインやゲーム同様に、パッケージされた製品やシャツや服のようにバーコードを付けられたものを扱う顧客たちだ。そうした業態は、O’ConnorとSquareがデモを見せてくれた在庫管理システムにベストマッチする。それはスマートでスッキリとしたデザインを備え、簡潔で直感的なインターフェイスを誇っている。

平方retailpos-02

新しいSquare Retailアプリは検索に重点を置いている。例えば顧客プロフィールや、在庫の中の任意のアイテムを、トップにある統一された検索バーを用いて、素早く簡単に見つけることができる。アプリは、チェックアウト時に、ショッピングカートの商品を素早く処理するバーコードスキャニング機能も提供し、さらにこうした全ての機能が新しい拡張可能なバックエンドにプラグインされている。このバックエンドもインターフェイス同様にシンプルで、クリーン、そして容易に使えるものだ。

Squareの新しいダッシュボードツールを使えば、店のオーナーと小売スタッフは、新しい顧客情報を保守・参照できる。これにより、販売記録が追跡され、買い物客のプロファイルが構築される。またどのスタッフが買い物客の対応を行ったのかに関するメモも含めることができる。システムはまた、買い物客を購買習慣に基づいて自動的にグルーピングする機能を提供する。これは特にあなたが小さな店を運営していて、熱心な顧客たちを抱えており、しかしCRM自身にはあまり焦点を当てていないような場合には便利な機能だ。

在庫管理も同様に巧妙だ。もし複数の拠点を持っている場合でも、それらにまたがるリアルタイム管理が可能だ。このシステムはまた、ある場所から別の場所へユニットを転送することを要求することが可能だ。そして、注文書の入力と追跡を行い、受け取った荷物を自動的に新しいアイテムとして在庫に追加する機能もサポートしている。

平方retailpos-03

最後に紹介する従業員管理ツールは、個人あるいはグループ単位でのアクセスレベルの設定を可能にする。このことで複数の店舗に跨った運営をスムースに行うことができる。

Squareはシステム全体を、大部分の人が触りながら、最小限の努力で使い方を自ら学べるようにデザインしたと言っている。これは個人業者に自身の携帯電話を使って集金させるという、元々のビジネスモデルでも採用されたアプローチと同じものだ。ここでのアイデアは、軽量でありながら完全な機能を、最低限の費用で提供するというものである。Square for Retailの全パッケージにアクセスするための費用は、レジ1台あたり月に60ドルになる。

小売業オーナーたちが、競合相手のSopifyやRevelを差し置いて、Square Retailを選ぶ理由は何かと尋ねると、O’Connorはこう答えた「統合的な支払い方法を提供していますし、Capital(米国の大手クレジットカードイシュア)へもアクセスできます。クレジット会社からの支払い拒否に対する補償もありますし、私たちが提供する分析データもあります」。「顧客からの声として、とても大切だと思っているのは、顧客はワンストップを本当に求めているのです。自分たちのビジネスを助けてくれるように思える、ただ1つの場所に行きたいのです。複数のベンダーや複数の担当者を相手にしなければならないことは、普通厄介な事だと思われています。ですので、最終的にはSquareが全てを提供できると思っています。実際全てが連携して動き、バックエンドに統合されているのです」。

Squareはそのエコシステムの効果に期待している。言い換えれば、対象とする顧客のグループに対する魅力的な先進性に期待しているということだ。そうした顧客はしばしば大きな責任を自らの肩に負っている人びとだ。そうした人びとが外部のベンダーに依存する必要がある場合、一般的には1つのベンダー、1つのコンタクトを相手にしたがるのは理に叶っている。Squareによる小売業に対するアプローチの再考は、よりターゲットを絞り徹底的に考え抜かれた計画のように見える。そしてそれはこの領域に対する良い予兆を感じさせるものだ。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)