スバルがカリフォルニア州での自動運転車試験ライセンスを取得

次の記事

ケンブリッジ大学が癌の診断治療への3D VR技術の応用を研究中

カリフォルニア州車両管理局(DMV)は、スバルを州内の路上で自動運転技術をテストすることができる基準を満たす、最新のメンバーとして追加した。これで限定クラブのメンバー数は合計22となった。スバルは日本の富士重工業の自動車生産部門で、人気のフォレスターやアウトバック(日本ではレガシィの一部)シリーズを作っている。

スバルはすでに高度なドライバー支援機能を「アイサイト」という名のオプションで提供しているが、渋滞時(最高時速40マイルまで)の自動ナビゲーションとスアテアリングなどを含む、新しい機能の導入を検討している。同社はまた、高速道路上での半自動運転を2020年までに提供することを目指している。これはカーブに沿った運転や車線変更などを含むものである。

近い将来に自動もしくは半自動運転機能を提供したいと考えている多くの企業にとって、カリフォルニア州は格好のターゲットになっている。この理由はDMVによって導入された認可プログラムが、公共の高速道路、市街地での試走を可能にするものだからだ。要件を満たした自動車メーカーと技術提供企業なら、ささやかな料金の負担でそれが可能になる。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)