政治戦略家にしてVC、ブラッドリー・タスクがシリコンバレーで成功した理由を語る

次の記事

睡眠薬ではなくアプリを処方する未来——不眠症治療アプリのサスメドが1億円を調達

ブラッドリー・タスクは以前から政治の世界で著名だった。タスクはロッド・ブラゴジェヴィッチイリノイ元州知事(その後 オバマ上院議員の後継者を指名する際の汚職で有罪)の下で知事代理(deputy governor)を務めた後、選対幹部としてマイケル・ブルームバーグのニューヨーク市長3選を助けた。

実際このときブルームバーグから多額のボーナスを受け取ったおかげでタスクは2010年からコンサルタント会社をスタートさせることができた。タスクはFortune 500企業が特定の目的を達成するために政治キャンペーンを展開するのを助けた。1年後、タスクはUberの最初の社外コンサルタントとなる。ここでも
再び幸運に恵まれ、報酬を株式で受け取った。以降、タスクはTusk Venturesという別組織のファウンダーとなり、報酬を株式でのみ受け取ることとした。シリコンバレーのスタートアップだけでなくベンチャーキャピタルも規制当局に対して政治的影響力の行使が必要な場合はタスクを頼るようになった。タスクのクライアントはEaze,、AltSchoolLemonadeHandyなど26社を数える。

先週のStrictlyVCカンファレンスでタスクはシリコンバレーにおける自分のビジネスを説明した。私は噂のように公職に立候補するつもりがあるのかを尋ねた。またスタートアップがトランプ政権に何を要求すべきかも尋ねた。文字起こしは分かりやすくするために編集されているが、インタビューそのもののビデオを下にエンベッドしてある。

〔日本版〕イリノイ州では副知事(Leutenant Governor)は公選職。タスクが就いたDeputy Governorは知事は知事直属の補佐役。「知事代理」としたが定訳はないもよう。インタビュー文字起こしは原文参照。一部を要約すると以下のとおり。

  • 立候補について、「自分自身で公職を目指すつもりはない」と否定した。ニューヨークでPAC(政治活動委員会)を結成したのはデブラシオ市長に反対する活動のためだったという。前市長、マイケル・ブルームバーグが大統領選挙に出馬を検討したときはシェリル・サンドバーグを副大統領に推薦した。
  • タスクのもっとも重要な功績はUberが規制当局と戦うのを助けたこととされる。現ピッツバーグ市長はスマート化により都市の再生を図ろうとしているため、Uberや自動運転車に道を開くことに力を入れているという。
  • シリコンバレーの政治状況についてはテクノロジー系の人々が居住自治体での投票率が低いことを問題にしている。またトランプ大統領に関しては「感情的にならず、議会多数派である共和党幹部に働きかけるべきだ」とした。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+