ペットボードヘルスケア
ペット
hachi tama

ペットの健康管理や給餌ができるスマートごはんサーバ「ハチタマ」、提供元が4000万円の調達

次の記事

[ポッドキャスト]出所者がスタートアップの世界に飛び込むと誰も犯罪履歴を調べないから立ち直りも早い

main

ペットヘルスケアサービス「hachi tamaハチタマ)」を手がけるペットボードヘルスケアは2月14日、森永製菓、かんしん未来ファンド(運営は第一勧業信用組合)、アクトコール、ゼロワンブースターを引受先とした第三者割当増資、日本政策金融公庫から資本性ローン(挑戦支援資本強化特例制度)による合計4000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。

今回調達した資金によって経営基盤を強化し、ハチタマの展開を推進。また調達先の事業会社が持つ経営リソースをハチタマと組み合わせ、シナジーの創出も狙っていくとしている。

ペットの医療費低減を目的にしたサービス

ペットボードヘルスケアは2015年の創業。代表の堀氏は2社をイグジットさせた経験を持っており、2012年にぺっとぼーどを創業し、ペット事業に参画した。当初は白金と小田原にペットケアサロン「CARE&SPA」を展開することから始まり、その後、テレビ電話によるペットの健康相談サービス「PetBoard.vet」を立ち上げた。

そして、ぺっとぼーどとは別軸でペットのヘルスケアサービスを展開するためにペットボードヘルスケアを創業。現在、ハチタマの開発を行っている。

ここでハチタマの説明をしておこう。ハチタマとはウェブカメラと自動給餌器機能を持つIoTデバイス&スマートフォンアプリ、認定オーガニックフードの定期購買、オンライン相談という3要素で成り立っているペットヘルスケアサービス。

sub1

メインの活用法はIoTデバイスとスマートフォンアプリを連携させ、いつでもどこでもペットの見守りと給餌をすることだ。時間と量をタイマー設定することで、スマートフォンアプリからボタン1つでご飯があげられる。自動給餌は1日4回まで。またウェブカメラを使えば、常にペットの状態をチェックすることができる。

ペットボードヘルスケアはペットの健康維持に役立つ、オーガニックペットフード(オーストラリアオーガニック認定)の定期購入も可能で、定期購入者はアプリを通じて自動発注ができるほか、獣医師やペットの専門家によるオンライン相談(月1回、15分まで無料)が行えるという。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-14-12-47-40

ハチタマは、2016年10月にTSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営するクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING(グリーンファンディング)」でプロジェクトをスタートさせ、12月にサクセスしたばかり。製品の発送時期は2017年4月を予定している。