Microsoft、ドローン、自動運転車のシミュレーター・ソフトをオープンソース化

次の記事

GoogleとKaggleの共催で大量のビデオに自動的にタグ付けする機械学習アプリケーションの懸賞、賞金総額10万ドル

Microsoftはドローン、自動運転車、その他ユーザー独自のガジェットの移動をシミュレーションできる高度な仮想現実のベータ版をオープンソースで公開した。ソースコードはGitHubから入手できる。このソフトでは物体の形状ばかりでなくドローンの運用にあたって困難な問題を引き起こす可能性がある影や反射などの要素も描写できる。レンダリングはきわめてリアルだという。

Microsoftはこのソフトが「ロボティクスの民主化」を進めることを期待している。つまり個人であれ組織であれ、ドローン・テクノロジーを実験したい場合に好適ということだ。現実世界でドローンを動かすのは自他への危険を伴う上にきわめて大量の資源を必要としがちだ。

ドローンその他の自動運転デバイスを仮想空間でテストするメリットは次のような点だろう。衝突を回避しなければならない壁などの固い物体と物体の影を見分けるのは自動運転システムにとって難しい課題になる。現実世界でドローンを動かすのは上で述べたようには非常に高価な上に、通り抜けが不可能な障害と影のように「そう見える」だけの形状を判別させるテストを現実世界で実行した場合、失敗はクラッシュを意味することになる。これはますます高価であり、また危険だ。しかし仮想世界の中では大量に失敗を繰り返すことができる。失うものは少々の時間と電気料金だけだ。

失敗を高速で繰り返すことはAIの訓練のために必須でもある。ただしAIの訓練に本当に役立つためには仮想世界はきわめてリアルに再現できなければならない。Microsoftによればこのシミュレーターは最新の高度なグラフィックス・テクノロジーを用いており、影、きらめき、陽光、霧、路上の水たまりの表面の反射など外界のディテールを精密に再現できるという。

MicrosoftのAshish Kapooはブログで「このシミュレーション・ソフトは自動運転車と飛行するドローンの双方の実験に用いることができるだけでなく、現実の世界を安全に移動する必要のあるロボットのテストに広く利用できる」と述べている。

画像: Scott Eklund/Red Box Pictures

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+