CRS-10

SpaceX、Falcon 9ロケット第一段の垂直着陸に成功

次の記事

次期iPhoneは大画面と大容量バッテリー搭載か

今日のSpaceXミッションはあらゆる点で成功だった。打ち上げに成功したDragonロケットは国際宇宙ステーションに向かっている。SpaceXは、Falcon 9ロケット第1段をケープカナベラルに着陸させることにも成功した。

天候は曇りだったが、SpaceXの打ち上げを妨げるほどではなかったようだ。東海岸時刻午前9時39分、Falcon 9はケネディー宇宙センター39A複合発射施設を飛び立った。

耳慣れない名前かもしれないが、アポロ11号ミッションはこの発射施設を使って1969年に初めて人間を月に送り込んだ。今回この発射施設を使うのは2011年にスペースシャトルを打ち上げて以来だ。

spacex-crs-10-2

発射から2分半経過後、Falcon 9ロケット第2段は第1段を切り離した。第1段は地球への帰路につき、一方第2段はDragon宇宙船を乗せて飛行を続けている。

spacex-crs-10-3

そして最初の打ち上げから8分後、第1段ロケットはケープカナベラルに無事着陸した。

一方その頃宇宙では、宇宙船Dragonがソーラーパネルを展開し、国際宇宙ステーションに近づくまで数日間地球軌道を飛び続けている。宇宙船は現在宇宙にいる飛行士たちのための補給品2500キログラムを載せている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook