MIT等の研究チームが、耳の有毛細胞を再生して聴覚消失を防ぐ方法を発見

次の記事

鳥類学者が個体数調査にドローンを使用―、人が入れない地域の調査も可能に

年齢を重ねると共に、耳の中の有毛細胞は ― われわれと同じように ― 徐々に死んでいく(嫌な書き出しだ)。その結果片方の耳で約1万5000個の有毛細胞が損傷を受け、大きな音やある種の薬品によってさらに悪化する場合もある。これが聴覚障害の主要な原因となっている。損傷された細胞は自然に再生することがない。

MITとBrigham and Women’s Hospital、およびMassachusetts Eye and Earの合同チームが発表した新技術がそうした損傷の修復に役立つかもしれない。ある種の動物の毛髪再生能力を模倣することで、聴覚消失の過程を阻止できる可能性がある。

新技術はマウスの蝸牛から得た細胞を利用する。細砲が成長して成熟した有毛細胞になる課程で新たな分子を追加することによって、既存技術の60倍の効果が得られた。

「必要な手順はこうした補助的細胞の増殖を促進することだけであり、あとは体内にあるシグナル伝達カスケードが細胞の一部を有毛細胞に変える」とBWHのJeffrey Karp准教授は説明する。

研究チームは、この技術の単純な応用プロセスはヒトへの適用に理想的だと考えており、18ヵ月以内にはMITからのスピンオフ、Frequency Therapeuticsの協力を得て試験を開始する予定だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook