Galaxy S7 edgeについてのSamsungの発表は誤解を招く

次の記事

Galaxy S8の(おそらく本物の)リークビデオ

Samsungは先ほど、プレスリリースを発表し、「Samsung Galaxy S7 edgeはMWC 2017でベスト・スマートフォンに選ばれた(Samsung Galaxy S7 edge Named Best Smartphone at MWC 2017)」と述べた。しかし事実は以下に説明する通りだ。Samsungのプレスリリースは誤解を招く表現なので撤回すべきだ。

GSMAはMWC〔Mobile World Congress〕を毎年開催している業界団体だ。カンファレンスでは前年に発表された製品や技術的進歩に対して賞を授与し、セレモニーを開催している。今年、Samsung Galaxy S7 edgeは iPhone 7 Plus、Pixel Xl、Huawei P9、Moto Zと共に最終候補に選ばれている。つまりSamsung Galaxy S7 edgeはMWC 2017で2016年のベスト・スマートフォンに選ばれた〔Best Smartphone 2016〕というのであれば正確だ。

しかしSamsungのプレスリリースはこれとは違う。

Samsungは「Galaxy S7 edgeはMWC 2017でベスト・スマートフォンに選ばれた」と表現している。つまり言外に、「今年のMWCでのわれわれはひどい出来だったがそれは忘れてくれ。S7はこのカンファレンスで最良のスマートフォンなのだ」と言っているように聞こえる。

今年のMWCでLG、Motorola、Huawei、BlackBerry、Nokiaとは異なり、Samsungは新しいスマートフォンを発表していない。その代りにSamsungは3月末にニューヨークで大規模なイベントを開催し、Galaxy S8をお披露目するという。MWCではSamsungはタブレットを2機種発表しただけだ。

私は昨日の記事でSamsungはもはやMWCを必要としないだろうと述べた。同社の動向には常に業界が注目しており、新製品を発表するためにトレードショーを必要とする段階を超えている。

われわれはSamsungにコメントを求めている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+