note taking

GoogleのノートアプリKeepがG Suiteに統合、Google Docsからも利用やアップデートが可能

次の記事

Google Playストア、ランキングの決定にユーザー定着率も考慮

Google Keepは、EvernoteやMicrosoftのOneNoteなどと競合するノートアプリだが、今日(米国時間2/28)からはそれが、Googleのオフィスアプリケーションの集合体G Suite(元の名: Google Apps for Work + Google Apps for Your Domain)に統合される。これによりKeepはユーザーのワークフローの一部として、アイデアをメモる、リマインダーやトゥドゥを備忘する、何かのチェックリストを作る、会議でメモを取る、などなどのことができるようになる。Keepが単独でG Suiteに加わるだけでなく、これからはGoogle Docsにも統合される。

Docsとの統合により、Keepの内容を仕事のそのほかのドキュメントへドラッグ&ドロップする、などのことができるようになる。それができるのはWeb上のみだが、Keepを利用するドキュメントは最初にブラウザー上に開いていなければならない。そして、そのドキュメントの[Tools]メニューからKeepにアクセスする。Keepの内容はDocsのサイドバーに表示される(下図)。

そしてそこから、画像やチェックリストなども含めて、Keepの内容を作成中の文書へ持ち込める。

google-keep-in-docs

Google DocsからKeepを検索することもできる。またDocsで作業中にKeepの内容を更新できる。ドキュメント中のテキストをセレクトして、右クリックのメニューから“Save to Keep notepad”を指定するとよい。

この統合がお利口なのは、そうやってKeep上にコピーしたテキスト中に元の文書のリンクがあることだ。

いろんな職場ですでに日常的にKeepは使ってると思うから、今回の‘ビジネス的統合’は良いことだ。それによりKeepは、ユーザーのドメイン内に安全にキープされるようになる。管理やサポートも、そして検索も、G Suiteの一部として行われる。

Keepは今日(米国時間2/28)からG Suiteのユーザーに提供される。使えるのは、Android, iOS, Chrome, またはWeb上からだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))