日産がロンドンで自動運転車のテストを開始

次の記事

ブロックチェーン技術mijinを電子行政へ、ベルギー アントワープ市で適用実験

Nissanが初めてヨーロッパの道路で自動運転車の試験を行っている。2月28日にロンドンで始めた。Reutersによると試験には電気自動車のNissan Leafにセンサー、車載コンピューター等を装備した車両が用いられている。最高時速50マイル(80 km)で狭い地方道路から複数車線の幹線道路までを行き来する。

ロンドンがヨーロッパで最初の試験場所に選ばれたのは、同市の自動運転に対するかなりオープンな姿勢によるものだとReutersは伝えている。ロンドン交通局と警察は試験に関してNissanと密に協力している。つまりNissanは、あらかじめ試験ルートを当局に知らせておき、走行記録もすべて提出する必要がある。

Nissanはすでに東京とシリコンバレーで自動運転の試験を行っている。かなり前から無人運転技術を手がけている同社は、様々な分野から人材を集めて他社より抜きん出ようとしており、NASAもライバルの一つだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook