Snapchat、IPO初日は44%で引ける

次の記事

”カメラ企業”としてのSnapの野望―、360度カメラからドローンまで

Snapchatの親会社、Snapはニューヨーク株式市場ですばらしいデビューを飾った。昨日(米国時間3/1)IPO価格17ドルで上場したSnap株は、24ドルで取引きが始まった。終値は24.51ドルとなり投資家は最大44%の利益を手にした。

しかしどこの会社でもそうだが、誰もがIPO価格で買えるわけではない。通常は一部の基幹投資家や富裕層等の銀行に優偶されている人々のために予約されている。ほとんどの投資家は今日まで買うチャンスがなく、したがって利益ははるかに少ない。

今回のデビューは2013年に上場したTwitterのケースによく似ている。同社は取引初日は好調だったが続く数ヵ月に大きく乱高下した。それに対してFacebookは初日に募集価格そのままで引けるという厳しい状況だった(通常は初日に20%程度の高値になるように価格を設定する)。しかし、その後時間をかけて株式市場で花を咲かせた。

Snapchatの上場時期は会社の歴史上興味深いタイミングだ。多くの会社が、UberやAirbnb等のように著しく高い評価額で上場したのに対して、Snapchatは収益化の早期段階で株式公開することを選んだ。おそらく市場から過大評価と見られる前に上場すべきと考えたのだろう。

しかしSnachatは成長が鈍化する中で上場する結果となった。Instagramに「Stories」機能を真似られたことも一因かもしれない。そして売上は急成長しているものの損益は大幅なマイナスだ。

Snapchatの初期の投資家でGeneral Catalystでマネージング・ディレクターを務めるHermantはSnapchatに早くから注目した理由を「豊富なイノベーション」だと説明する。ファウンダーのEvan Spiegelは「ユーザーの行動を変えさせることなく役立つテクノロジーを作るという信念を持っている。刹那的なコミュニケーションはまさにそれだ」と話した。

Facebookと異なりSnapchatの画像は見た後自然消滅するのが基本で、多くの人々が疑問をもった。しかし結果的には大衆に受け入れられることを証明した。今日の株式市場デビューはテクノロジー史上重要な出来ごとだと言える。


[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook