このアダプターを使えば、NES ClassicでNintendo Switchのコントローラーを使える

次の記事

クラウドで出遅れたRackspaceがクラウドにやる気を見せてきたGoogleのCloud Platformに管理サービスを提供

Nintendo Switchのコントローラーは、トラブルはあるものの、順応性は高い。8bitdoの17ドルのRetro Receiverとアップデートされたファームウェアを使えば、最新のコントローラーをNES Classicで使える。Retro Receiverは様々なBluetoothコントローラーをNES Classicにつなぐためのハードウェアで、8bitdo自身が売っているNES30コントローラー・レプリカやPlayStation 4、Wii U Pro等々に対応している。

新しいファームウェアを入れると、左右のジョイコンとProコントラーラーが使えるようになる。Retro Receiverには元祖NES、SNESに差し込むバージョンもあり、Switchの最新コントローラーを年代物のゲーム機でも使えるようになる。

これはコントローラーを集約したい人にとって嬉しい知らせだ 。ジョイコンとProコントローラーをMacとPCとAndroidデバイスでほぼ追加ソフトウェアなしで使えるというニュースに続く朗報た。

もちろんNintendoはまだSwitchのコントローラー問題を解決しなくてはいけない。多くのユーザーが本体同梱の左ジョイコンで接続問題を経験している。Nintendoは他のワイヤレス機器と離して使うよう推奨しているがほとんどの場合現実的ではない。根本的解決はハードウェア修理しかない。

ともあれ、NES Classicのコントローラーに万が一何かあったときの備えとして有用な選択肢だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook