バッテリー
再生可能エネルギー
ソーラー
カウアイ島

Teslaのカウアイ島ソーラー設備は、この会社の未来像を垣間見せる

次の記事

PlanetのExplorer Betaサービスは衛星が撮った画像からいろんな場所の経時変化が分かる

Teslaによるハワイ州カウアイ島へのソーラー設備の設置は、単なる製品のローンチではない。TeslaによるSolarCityの買収が単なる賢い選択ではなく、実際に必要なものだったことを証明する最初のものだ。

必要なものだったという理由は、それがTeslaによる、ソーラーエネルギー(並びに他の再生可能エネルギー)の実用化と、陽射しの強い場所だけではなく、あらゆる場所でコスト効率のよい発電を可能にしたい、という壮大なビジョンを助けることになるからだ。

カウアイ島発電設備の開所式でTeslaのCTOであるJB Straubelは、沢山のハワイの政府関係者たちがアロハとサンダルという服装で居並ぶ中で、色の濃いズボンにたくしこんだ青いシャツという、その場には少々不似合いな出で立ちで話した。しかしStraubelは自信に溢れ、その外見とは裏腹に寛いだ様子で、社交的な地元の電力会社幹部たちよりも、イベントを楽しんでいるかのようだった。

もちろんStraubelにはこの瞬間を味わう十分な資格がある。なにしろ一部の金融オブザーバーたちは、昨年発表されたTeslaによるSolarCityの買収計画から、11月に行われた実際の買収までを不安視していたのである。彼らが批判的だったのは、なぜ電気自動車メーカーがソーラーパネルを製造販売している会社と結びつく必要があるのかという点だった。

カウアイ島のソーラーストレージ設備の除幕式で、式典参加者たちに見てもらうために用意されたModel X。Teslaは2016年11月にSolarCityを買収した。

何かを企んでいたように見えたTeslaが、明確な解答を持っていたのかどうかが知りたい点だ。TeslaのCEOであるElon Muskは、複数のプレスイベントや四半期業績報告では、この協業の裏にあるロジックに対する質問に対して、あからさまに憤激しながら回答していた。SolarCityはTeslaにとって財政的重荷になるのではないかという質問を受けて、Muskは当初、その質問を馬鹿げたものと呼び、なぜ現在の貸借対照表に注目するのかと言いたい欲求を抑えられないようだった。真実はその逆だったのだ。

しかし、実際のデモを行うことほど批判者に上手く反論できるものはない。そしてTeslaは今や、2つの会社が、1つ屋根の下で、何故利益を生み出すようになったのかを示した。最初に示されたのは、契約書のインクも乾かぬ買収直後に発表された、ソーラールーフ製品の発表だった。SolarCityとの共催のイベントで、TeslaはPowerwall 2による、ホームエネルギーストレージソリューションの発表も行った。そして2番目が、カウアイ島設備の設置だ。このプロジェクトでTeslaは、コンシューマ市場におけるその可能性を、より大規模に、商用目的で電気利用者たちに広げて行けることを示した。

ソーラーパネル群は、Teslaの占有するGrove Farmの土地を広く覆い、緩い起伏の上に波のように並んでいる。ここであなたは、奇妙な形状を持ち不自然に青い人工の湖(ソーラーパネル群)を見下ろしながら、山々の頂に囲まれて立っているような感じを受けるだろう。商用バッテリーのTesla Powerpack 2の列が、静かな白い山々のように、傾いた人工の湖の隣に並んでいる。それは近所の射撃場で使われるクレーを作るためにも使われている赤土の上に、はっきりとしたコントラストを見せて立っている。

ソーラーパネルのフィールドの隣に立ち並ぶ、Tesla Powerpack 2の長い列

施設全体で13 MW(メガワット)のエネルギーが出力される、これは通年で、およそ19,438 MWhの電力となり、52 MWhまでの電力を保持することができる。そして20年契約中の固定価格で、カウアイ島に対して1 kWhあたり13.9セントで供給する。それは現在、カウアイ島で(現在は支配的な手法である)ディーゼル油を燃やして得ている電気代の半額である。新しいソーラーストレージ設備はカウアイ島の4500軒の家に電気を夜通し供給することが可能であり、これは最新調査による6万7000人の島の人口に比べても相当の家庭数である。

「このようにして、私たちは1日中ほぼ24時間、非常に堅牢で信頼性の高いソーラー電気を顧客に届けることができるのです」とStraubelはインタビューに応えた。「これは非常に異なったタイプのプロジェクトです。通常は、グリッドまたは家庭に直接繋げられたソーラーパネルを使います。そして太陽が出れば電気が供給され、雲が出たら止まってしまいます」。

ストレージのない直接発電は、良い露光が得られるかどうかに依存するだけでなく、相対的に小さなコミュニティに多数配備されたときや、家庭の占める割合が多いときには、資産というよりも負債になってしまう。カウアイ島全域で、ソーラーパネルが屋根の上に載せられているのを見ることができる。そうした一握りのパネルを目にしないまま、住居エリアや商業エリアを車で走り抜けることはできない。

沢山のリチウムイオンストレージユニットが並んだPowerpack 2ユニットの内側。それぞれのPowerpack 2は200kWhのエネルギーを保持できる。

「(ダイレクトソーラーは)ある程度までの、割合と戸数に対しては上手く働きます」とStraubelは言う。「しかしもし、この島で目にしているもののように、数が多すぎる場合には、どこかの時点でストレージを追加しなければなりません。さもなければ再生可能エネルギーやソーラーの変動性が、電気全体のインフラ全体を管理する際の問題になってしまうのです」。

カウアイ島の設備は、Teslaが高い要求を持つ商用プロジェクトに対して何ができるかを示すためのものである、そして世界中のエネルギー供給者たちの興味をそそる象徴としてデザインされたものだ。Straubelによれば、太陽光の大部分を使うことができる者たちだけを相手にしているわけではない。

「すぐにコスト上のメリトが得られます」とStraubelは語る。「そして、それは世界中の多くの場所でも成り立つのです。このハワイの島だけで成り立つわけではありません。このことは直感的には納得されていません。多くの人びとが、今日でもソーラーが高価なものだと考えているのです。しかしソーラーのコスト、ストレージのコストは急速に低下していて、これらのプロジェクトは多くの場所で費用対効果の良いものになっているのです」。

すぐにコスト上のメリットが得られます

— Tesla CTO JB Straubel

Straubelは、Teslaが多くの場所の多数の顧客と、カウアイ島のようなプロジェクトを配備すべく交渉を行っていると語った。ただ現時点では特定の地域の特定の顧客に言及できる段階ではない。順番待ちあるいは進行中のプロジェクトがあるので、ほどなくこれに似たプロジェクトを沢山目にすることになるだろうと彼は語った。

「再生可能エネルギーをバッファリングして保存する機能は、それが風力であろうとソーラーであろうと、共通して求められる基本的な要件です」と彼は説明した。「再生エネルギーを保存して非常に信頼性の高いものにする技術なしに、世界中の多くの国や都市が願っている高い割合(の再生可能エネルギー利用)は実現できません」。

SolarCityのパネルの列は、ソーラーエネルギーを最大に受け取ることができる角度で設置されている、パネル同士は、1人の人間が余裕を持って歩ける程度に離されている。

実際に、再生可能エネルギーの供給に対する定量可能な目標が、世界の多くの都市や州政府によって設定されている。そして風力とソーラーの供給源に対するストレージコンポーネントなしに、30パーセントを超えることは極めて難しいことが明らかなのだ。特に多くのリソースが既に発電インフラの建築にコミットされている場所では、この点への貢献でハードルを下げることができる。

買収後、初めて大規模プロジェクトによって示されたTeslaによるSolarCityの獲得の成果は、各国の電力供給側ならびに大規模な商用電力消費者向けの、新興ならびに成長市場にアプローチして行く、完璧な組み合わせである様相を見せ始めた。ちょっとしたことだが、低い位置から眺めてみると、Teslaのカウアイ島ソーラーファームは、どこまでも遠く優しくうねる海のように見えた。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)