Nintendo Switchのメモリを覗く/書き込むハッカーツールPegaSwitchが一般公開

次の記事

AndroidのGmailアプリでお金のやりとりができるようになった

Nintendo Switchが本当にハックされたのか、と世間が騒いだ翌日(米国時間3/14)、プログラマーたちのグループがPegaSwitchをリリースした。この“ツールキット”を使えば、無署名のコードをSwitchの上で…一定の制約はあるが…実行できる。完全なジェイルブレークではなくて、ジェイルブレークのきっかけになりそうな概念実証だ。

LiveOverflowと名乗るそのハッカー集団の一人は、“これで個々のファンクションを呼び出せる。まだ本格的なプログラミングはできない”、と言っている。“でもシステムを調べていくための入り口としては十分だ。恒久性はないし、任意のコードを実行できるわけではない”。

このエクスプロイトを試すには、自分のマシンの上でこのプログラムを動かし、Switch用のDNSサーバーをそのマシンのIPアドレスにセットする。SwitchがWi-Fiに接続しようとすると、それはそのマシンに捕(つか)まり、とてもシンプルなシェルからメモリに自由に何でも読み書きされるようになる。これまでのジェイルブレークならコードは本物の署名されたプログラムのように動くが、これはSwitchの脳を勝手に覗き込んでいるだけだ。

この方法で海賊版のゲームをプレイしたりはできない。このエクスプロイトは、いつシャットダウンしてもおかしくない。でも、Switchの内部に関心のある人にとっては、とてもおもしろいツールだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))