AR
スマートカー

Alibabaが車向けARダッシュボードメーカーのWayRayに投資

次の記事

子ども向けのプログラマブルなロボット工作キットを多種類提供しているMakeblockがシリーズBで$30Mを調達

昨年その最初の自動車を発表して以来、Alibaba(阿里巴巴)は自動車業界へ深く入り込みつつある。この中国のインターネットならびに電子商取引の巨獣が、スマートカーテクノロジーの開発企業であるWayRayの1800万ドルに及ぶシリーズBラウンドで、トップ投資家となったことを、WayRayが発表した。

2012年に設立されたWayRayは、ホログラフィックナビゲーションシステムを製造している。その資金調達に関する発表によると、WayRayは前回調達した1000万ドルを既に、運転者が見る道路の視野上に指示や様々な情報を表示するARダッシュボードであるNavionの技術開発のために費やした。同社は消費者が手にすることのできるNavionを、2017年中に出荷する計画だ。

事前に用意されていた発表文書の中で、Alibabaグループのシニア投資ディレクターであるEthan XIeは「拡張現実のような先端技術の開発には巨大な可能性があり、様々な分野への応用、例えば自動車分野におけるWayRayのARナビゲーションのような応用があると信じています。拡張現実の可能性がその分野をエキサイティングで有望な分野にするのです」と述べている。

Alibabaは昨年の夏に、SAIC(上汽集団:中国の4大国有自動車製造会社の1つ)と共同開発したスマートカーRX5のプレオーダーを開始し、自動車業界へのデビューを果たした。RX5はAlibabaのYun OS(雲OS)を使っているが、同社はこの車をIoTエコシステムの一部にすることを狙っている。このエコシステムには同社の他のハードウェアや、Alipayなどのインターネットサービスが含まれている。

しかし、Alibabaのスマートカーには既にいくつかのライバルが現れている。例えばまた別の中国の巨大テクノロジー会社であるLeEchoが「初めての車両移動式エコシステム」として電気自動車のLeSeeを売り込んでいるし、またBaidu(百度)は、また別の中国4大国有自動車製造会社の1つであるBAIC(北汽集団)と共同でスマートカー技術と自動運転車を開発している。

WayRayはまた、AlibabaグループとSAICによるジョイントベンチャーであるBanmaテクノロジーズと提携を行うと発表している。Banmaによって2018年にローンチされるARナビゲーション並びに車内エンターテイメントシステムを開発するためだ。WayRayはこれは「世界初の、車向け量産ホログラフィックARヘッドアップディスプレイだ」と主張している。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)