shottracker
sensors
basketball

ボールと選手全員にセンサーをつけてバスケの試合をリアルタイムで分析するShotTracker、ファン用アプリもある

次の記事

データサイエンスを用いてアートへの最適投資を行うArthena

今週のクールなスポーツハードウェアは、こいつだ:

カンザスシティーのShotTrackerが作ったチーム用のシステムは、バスケットボールの試合の最初から最後までの経過データをリアルタイムで収集分析する。そのデモが、今週カンザスシティーで開催されているトーナメントNAIA D1 Men’s National Championshipの、31の出場チームすべてに対して行われている。トーナメント戦用のリアルタイムの自動化データ収集システムは、これが初めてだ。

まず、各選手は自分の靴紐に小さなセンサーを結びつける。ボールの内部にも、センサーがある。そしてコートの周囲にも、垂木の高い位置にセンサー〔受信器?〕があり、ボール内と各選手のセンサーの位置を追う。10名の選手とボールがコート内にあるかぎり、それらの位置をリアルタイムで追い続ける。

そのデータから、各瞬間の選手とボールの位置と動きが三次元で分かるが、システムはそれらのデータをリアルタイムで分析する。そしてユーザーには、シュートチャートや、シュート試投、その成功、失敗、ターンオーバー、アシスト、スチール、リバウンド、などがいつどこで起きたか分かる。

  1. naia_tourny91.jpg

  2. naia_tourny6.png

  3. naia_tourny2.png

監督とチームはそれらのデータにリアルタイムでアクセスでき、観客のファンたちもShotTrackerのアプリで見られる。以前はデータの収集も分析も複数の人間による人力だったので、お金のないチームにはできなかった。

ShotTrackerが最初にローンチしたのは、アマチュアの選手がシュートのフォームを改善するためのハードウェアデバイスだった。そしてそのあと、今の、リアルタイムでデータを分析するチーム用製品に方向を変えた。

同社は最近、Magic Johnsonと元NBAのコミッショナーDavid Sternから500万ドルのシード資金を調達した。

参考記事

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))