SpaceX、NASAと協同で火星の着陸地点を検討中

次の記事

IBMがクラウド上のブロックチェーンサービス、SaaSとしてのブロックチェーンプラットホームを立ち上げ

SpaceXは同社の宇宙船が初めて火星表面に着陸するときのことをすでに考えている。計画性があるのか希望的観測なのかは読者の評価に任せる。同社はNASAと協同で赤い惑星の着地候補点を探している。

民間宇宙会社SpaceXでDragonロケットの誘導、ナビゲーション、および制御システムの責任者を務め、火星探査の上位計画にも関与しているPaul Woosterは、テキサス州で行われたカンファンスの席上、SpaceXはNASAのジェット推進研究所と協力して着地候補地点および実現性を検討していると述べた。SpaceNewsは、非常に有力な候補地が既に特定されたと報じている。

火星探査機にとって理想的な着地点とはどんなところだろうか。地表付近の氷の近くは大いに有力だ。地球からの輸送なしに長期滞在生活を維持するための 🔑 となるからだ。もう一つ重要な要素は赤道近くで日照が良い低地であることで、動力および温度条件が有利になる。いずれも通常は地表から遠くない大量の氷と共存できないため着地点候補は絞られる。

この火星着地点はSpaceXの長期目標である火星滞在を視野にいれているが、科学、商用などのクライアントのニーズにこたえるための着地も検討している可能性がある。

SpaceXにとって、火星はいまだに遠いターゲットだ。赤い惑星への最初の打ち上げは当初2018年の予定だったが、早くても2020年中ごろになりそうだと同社は言っている。どうやら最初のミッションは目的地を正確に把握することにあるようだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook