SpaceXの補給船、ISSから機器・データを無事回収

次の記事

Galaxy S8のカラバリは3種類

昨日(米国時間3/19)、SpaceXはISS〔国際宇宙ステーション〕へのCRS-10補給ミッションの最後の段階を実施した。2月19日に打ち上げられたDragonカプセルは2トン以上の物資および実験機器をISSに補給した。この数週間、ISSのクルーはペイロードの移動に忙しかった。

日曜日にDragon補給船はISSとの結合を解かれた。位置制御ロケットを噴射してISSから徐々に遠ざかり、地球大気圏への再突入軌道に入った。この5時間の帰還ミッション中にDragonはロケットの逆噴射を行い、また不必要なゴミを放出して大気圏上層で燃え尽きさせた。太平洋時間7:48ににDragonは無事太平洋に着水した。

SpaceXは洋上から無事にDragonカプセルを回収し、船に積んで帰還中だ。カプセルは陸揚げされた後、NASAに向かう。 カプセル及び宇宙から回収された各種の機器やデータはそこで精査される予定だ。

SpaceXの次回の打ち上げは3月27日が予定されている。ペイロードはルクセンブルクの衛星企業、SESのテレビ放送と多用な通信の能力を持つ衛星だ。

〔日本版〕リンク先記事にはDragon補給船を打ち上げたFalcon 9のブースターが垂直着陸に成功するビデオなどがエンベッドされている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+