ライブストリーム

Instagram Liveのストリーミング映像を、カメラロールに保存することが可能に

次の記事

Twitter、明日、ライブビデオAPIを公開へ―多数のプロ用機器を接続できるようになる

Instagram Liveのユニークな点の1つは、ストリーミングされたビデオは常に消されて来たということだ。ライブストリームが終了すると、コンテンツは完全に消去される。この動作は、ライブの後にビデオを保存して、後から再視聴できるFacebook LiveやPeriscopeとは異なったやりかただ。

但し、それはこれまでの話だ。

同社はそのライブストリーミング機能に、終了後に携帯電話へ保存するオプションを加えたことを発表した。それはとてもシンプルなものだ。ストリーミングが終了すると右上に保存(Save)ボタンが表示されて、タップすればビデオはカメラロールに保存される。

注意しなければならないのは、このビデオはこれまで同様に、Instagram上には保存されないということだ。なので、視聴する側は引き続きチャンスを見逃さないように注意しなければならない。

とは言え、ライブストリーム機能に保存オプションが付くことは、人びとにライブ配信を行わせる機会を増やすことになるだろう。これまでユーザーは、大切な瞬間のInstagramによるストリーミングを躊躇いがちだった(その代わりにカメラアプリで録画したり、Snapchatを使っていた)。なぜなら、その映像が永遠に失われてしまうことを知っていたからだ。今やユーザーは両者の長所を手にすることができた。興味深いライブコンテンツを視聴者と共有しつつ、一方では貴重な瞬間をずっと保存しておくオプションも得たことになる。

この更新は今日(米国時間3月20日)iOSとAndroidに対して行われる。

(日本版:訳者の iOS 端末では翻訳時点で既に更新されていた)

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)