任天堂、Switchの左ジョイコン問題に「製造レベルで対処した」と発表―不良品は交換へ

次の記事

ANAのスターウォーズ・シリーズにC-3POモデルが登場

任天堂の最新ゲーム機、Switchについては他のレビューもわれわれの評価もきわめて高い過去最高のゲーム機だという記事)。ただし、左ジョイコンの接続が切れることがあるという問題が起きていた。このBluetooth接続が切れる現象は私の場合はめったに起きていないが、ひんぱんに経験するユーザーもいる。任天堂は結局ハードウェアに問題があったことを認めた。

任天堂アメリカが発表した声明には「少数の左ジョイコンで製造過程におけるばらつきが電波干渉問題を起こしていた」とある。この問題は「製造段階で対処された」ということなので、今後出荷されるSwitchには電波切れの問題は起きないはずだ。.

左ジョイコンでトラブルを経験しているユーザーの場合、任天堂は改良版と交換してくれる。交換に必要な時間は1週間以内のはず。ユーザーは このページの「物理的ダメージ」の項目を参照のこと。サポート、トラブルシューティングについてはこちらに説明がある。

ハードウェア製品のリリースというのは必ずといっていいほど何かしらの問題を発生させる。一部の会社は(Samsung、聞いているか?)責任を認める点で問題がある。不良品は交換するという任天堂の対応は比較的良心的な方だ。

声明の全文は以下のとおり【略】

〔日本版〕この記事はアメリカでの対応。任天堂日本サイトでの発表は未確認。日本におけるSwitchのサポートページはこちら。サポート問い合わせ窓口一覧

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+