インフォテインメント
車内スマートフォンアプリ
音声駆動

車用スマートフォンテクノロジーのDrivemodeが、パナソニック他から650万ドルを調達

次の記事

血液検査スタートアップのセラノス、創業者の持ち株を投資家に提供

もしAndroidデバイスの所有者でドライバーでもあるなら、既にDrivemodeはお馴染みかもしれない。Google Playから入手可能なこのアプリは車内での利用に最も人気のあるアプリの1つだ。既に100万ダウンロードを数え、アクティブな利用者は180か国に広がっている。アプリは、ドライバーの邪魔にならないように、画面を使わないインターフェイスを採用し、スマートフォンの様々な機能、例えばナビゲーション、メッセージング、通話などに、完全に声でアクセスすようにデザインされている。

Drivemodeは新しいシリーズAラウンドで650万ドルを調達したばかりだ。
多彩な側面を持ち、世界でもっとも巨大な自動車産業サプライヤーの1つでもあるパナソニックによってラウンドは主導された。パナソニックは戦略的投資家だ、ラウンドのその他の参加者には、Innovative Venture Fund Investmentと、みやこキャピタルだけでなく、保険会社の三井住友海上(VC子会社経由)も含まれている。資金の性質と投資元から示唆されるのは、Drivemodeが現行の消費者向けアプリ向けの先を目指す野望を抱いているということだ。創業者兼CEOである古賀洋吉(Yo Koga)は、パナソニックとの新しパートナーシップを通して、アプリに新しい機能を追加することに集中していることを認めたが、さらにその他にも大胆な目標を抱いている。

「明らかにパナソニックは、自動車メーカーたちとの協業の際に、私たちの運転補助アプリの人気を活用したいと思っています」と古賀は説明する。「なので、現在私たちは、ディスプレイオーディオやベーシックオーディオなどのハードウェア製品である、彼らのインフォテイメントシステムを、私たちの消費者向けアプリに統合している最中です。消費者アプリを通して、より多くの物をユーザーにお届けします。またこの作業と並行して、多くの自動車メーカーたちが、無印の様々な機能に興味を持っていますので、私たちはそちらについても別途作業をしています」。

多くの企業がDrivemodeとの協業を求めているようだ。古賀によれば、追求できる膨大な取引のバックログが存在しているが、チームが8名しかいないため、その大部分は保留になっている状態だ。だとすると、他の企業たちが、さらに踏み込んで要求を自社内で解決したり、あるいは組むパートナーを変更したりしないのは何故なのだろう。Play StoreでGoogleが提供している、Android Autoアプリは、Drivemodeよりも評判が悪い。これはこれから始めようとする者にとって、古賀が指摘するように、Drivemodeができるようなことをするアプリを作ること、そしてそれを上手く動作させることががどれほど難しいかを示す好例だ。

「Drivemodeは非常に技術的なアプリです」と彼は言う。「多くの自動車メーカーが、私たちのやっていることを真似ようとしていて、多くのハードウェアメーカーも同様のことに取り組んでいます。例えば、ハードウェアメーカーは、素晴らしいハードウェアを作りだすことができますが、やがてハードウェア体験を生み出す部分が一番難しいことに気が付くのです。単に受信したFacebookメッセージに音声で返信するというシンプルなものでさえ、技術的にはとても困難なもので、こうしたことを少なくとも正しいインターフェイスで行うことのできる者は、それほど多くはありません」。

Drivemodeは、2014年にアプリのベータ版をローンチして以降、こうした課題に実際のユーザーフィードバックを受けながら取り組んでいて、その音声ベースの対話モデルに磨きを掛け続けている。また幹線道路交通安全局(NHTSA:National Highway Traffic and Safety Administration)と定期的に連絡を取り合っていて、車内における機器とサービス利用の安全の最大化を図って行くという面で、政府機関と常に意識を合わせて真剣に取組んでいると古賀は語った。

一方、現在の業界の方向性を考えると、彼の会社の自動車メーカーや部品メーカーへの潜在的価値は、ただ増える一方だとも語っている。

「自動車業界の中で起きつつあるのは、この先ソフトウェアが鍵となるということです」と古賀は説明する。「その際問題になるのは、自動車メーカーもサプライヤーもユーザーに直接アクセスする手段を持ち合わせていないということです。これが、彼らがユーザーとつながる手段を見出すために、SDL(Smart Device Link)などの新しい規格を策定しようとしている理由なのです。データを取得し、そして自動車業界の中へそのデータを開放することが、(自動車メーカーたちにとっての)重要な関心事になります」。

Drivemodeの、基本を無償で提供してアプリ内購入を行わせるモデルが意味しているのは、車内でスマートフォン上で利用する任意のサードパーティソフトウェアのための、最も大規模なインストール基盤の1つでもあるということだ。これが自動車メーカーの興味を引いている。その幅広い機能は、(Teslaのようなハイテク企業ではない)自動車メーカーが一般に期待している以上に、多くの利用者の行動を明らかにし、顧客の振舞に対するより多くの洞察を提供できることを意味している。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)