任天堂
super mario

任天堂のSuper Mario Run、Androidで公開―iOSはv2にアップデート

次の記事

Mediumが有償購読制を開始

任天堂のSuper Mario Runが予定より1日早くAndroidにやって来た。当初3月3月23日にリリースと任天堂では予告していた。 このゲームは昨日からGoogle Play Storeで配信されている〔日本でも公開済〕。同時にiOS版もアップデートされた。AppleはSuper Mario Runで3ヶ月先行することができた。1月の四半期決算で任天堂が発表したところによれば、App Storeでのダウンロード総数は7800万回だったという。

ダウンロードしたユーザーの5%以上がアプリ内課金でゲームを購入し、5300万ドルの売上をもたらした。アプリのフル機能をアンロックするために10ドル〔日本版1200円〕支払わなければならないことにいろいろ意見が出ていたものの、この売上額はアナリストの予測よりかなり大きい。他のゲームの場合、オンライン課金はアイテムごとに1、2ドルに過ぎず、それでもコンバージョン率はユーザーの5%以下だった。

しかしWall Street Journalによれば、任天堂の君島達己社長は2桁台のコンバージョン率を期待していた。

今やAndroid版が加わったSuper Marioだが、任天堂のビジネスモデルは強気なままだ。ダウンロードは無料で1-4レベルがプレイできる。アプリ内課金は1回のみの10ドルで全レベルがプレイできるようになる。

ただし、iOS版のバージョン2.0で任天堂は無料でプレイできるレベル数を増やしたことは注目だ。App Storeにおけるゲームの説明によれば、「クッパからの挑戦」をクリアするとこれまで無料でプレイできなかった1-4がアンロックされる。また1-4のコースもクリアするとキノピオラリーで新しいコースで遊べるようになったという。

v2.0はAndroid版のリリースと同時にApple App Storeに登場した。新バージョンにはキャラクターが増えている。キノピオラリーでは「あおヨッシー」が仲間にできる。新しい建物が追加され、ボーナスゲームの館ではラリーチケットも入手しやすくなっている。また各所で遊びやすさや遊び方の説明が改良されているという。

ともあれ、Super Mario RunがAndroidでリリースされたことが任天堂の売上にどう影響するのか注目だ。全般的にいってiOSユーザーの方がAndroidユーザーよりも多額の金を使う傾向がある。

当初App Storeにゲームが配信された際、期待が高かったこともあり、大量のダウンロードが記録された。最初の1日で500万ダウンロードがあったという。しかしダウンロードはすぐに飽和状態に近づいた。多くのゲーマー無料でプレイできる範囲を数日でクリアしてしまったもようだ。

しかし今回のアップデートでMarioはある程度の活気を取り戻した。iOSでは無料アプリ全体の9位にランクインした。先週末の49位からはかなりのジャンプを決めたといえるだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+