Teslaのソーラー屋根瓦、4月から予約受付開始へ

次の記事

Post Intelligenceがあなたのツイートを良いものにするかも?

Teslaが昨年発表したソーラー屋根瓦は、見た目は普通の瓦と変わらないが従来のソーラーパネルとほぼ同じ効率で発電する。Tesla CEO Elon Muskは4月から注文を受け付けると発表した。

Teslaが電気自動車事業と並んでエネルギー生成・蓄積事業を進める上でこれは大きな一歩だ。ソーラー瓦は、太陽光発電を技術オタクやグリーン・エネルギー推進者にアピールするものから、一般の人々へと広げることでもっと普及させようとするものだ。単に電気料金節約のためでも、住宅の再販価値を高めるためでも、自分のエネルギー利用を把握するためでもよい。

Teslaのソーラー瓦には4種類のデザインがあり、伝統的屋根瓦の種類に似せている。ただし当初は1種類か2種類しか提供できないと同社は言っている。この屋根の設置費用は従来型の屋根を新しく設置するよりも安くなると11月にMuskが紹介したニュースには書かれており、これにはエネルギーコストの節約は加味されていない。

設置は必ずしも4月には始まらないだろう。Teslaは予約で待ち行列を作っておき、取り付けは後になって始める可能性が高い。量産は2017年のどこかの時点で始まるものと思われる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook