リクルート
カオナビ

クラウド人材管理サービス「カオナビ」運営がリクルートグループに

次の記事

専門知識なしで動画からオブジェクト検出 ― Matroidが本日ローンチ

日本のHR Tech分野のスタートアップにまた、新たな動きがあった。顔写真が並んだインターフェイスが特徴のクラウド人材管理サービス「カオナビ」。3月27日、リクルートホールディングスが、サービスを運営するカオナビ社の発行済み株式の一部をRSIファンド1号を通じて取得し、持分法適用関連会社としたことが明らかとなった。取得価額等については公表されていない。

カオナビは、社員の実績や評価を、顔写真を切り口にした独特のインターフェイスで一元管理できるクラウドサービスだ。初期費用無料、月額3万9800円と低価格から利用でき、直感的な画面で経営陣や現場の管理職にも使いやすい点をウリにしている。

2012年にサービスを開始し、現在では日清食品HD、テルモ、トゥモローランド、サイバーエージェント、VOYAGE GROUPなど、大企業からスタートアップまで400社以上の企業へ導入。「顔と名前が一致しない」という単純だがありがちな課題の解決や、人事情報の一元化などの利便性が評価されているという。

今回の資本参加を通じて、リクルートとカオナビ社では、HR Tech領域での事業提携の検討・協議を開始するとしている。カオナビ社では「引き続きIPOを目指す方向性には変わりない。事業会社系のファンドに出資いただくことで、より成長を加速させることができると期待している」としている。