運輸
アブダビ

Hyperloop One、湾岸諸国で120億ドルの運輸市場を狙う

次の記事

この夏、『スパイダーマン:ホームカミング』が公開される―予告編#2公開

今日(米国時間3/28)、アブダビで開催されたGMIS (Global Manufacturing and Industrialisation Summit)でHyperloop Oneは中東における同社のビジネスモデルについて詳しい説明を行った。このプレゼンによれば、同社は湾岸諸国で年間350億ドルの市場がある貨物輸送のうち120億ドル分を代替できると考えている。これには70億ドルの航空貨物ビジネスのすべてが含まれている。

120億ドルというHyperloop Oneのターゲットの内訳は、航空運輸の100%の70億ドル、陸上運輸の22%の30億ドル、海上運輸の13%の20億ドルだ。

このサミット・カンファレンスの一環としてHyperloop Oneは新しいHyperloop Oneパートナー・プログラムを発表した。このプログラムは政策決定、技術革新、市場動向、コンサルティングなど各分野からさまざまな企業や人材をパートナーに加えて運輸事業における専門的な知見や助言を得ることができる仕組だという。

最初の商用Hyperloop路線、アブダビ=ドバイ線は依然として検討中の段階だが、約束どおりに事業が進展するのであれば、湾岸諸国に足場を築いたことは有望な一歩といえるだろう。今日Hyperloop
Oneが描いたビジョンが実現し巨大な新マーケットが現れる可能性にとって追い風となったにちがいない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+