インフラストラクチャ
救助
軍事
防災
メッシュ無線

GoTenna Proのメッシュ無線は、救助、火災、セキュリティチームの支援を狙う

次の記事

Cloud Foundryがクラウドネイティブのスキルを涵養するためデベロッパー資格認定事業を開始

コミュニケーションのインフラが、何らかの理由で失われてしまった時に、連絡し続けることができるなら、個人間の場合でも素晴らしいことだが、災害対応、森林火災対応、そして軍事行動の場合にはとても重要なことである。GoTennaは、既存のパッケージに比べて遥かに小さくて軽い新しいProデバイスを、そうした際に役立つ強力で信頼性の高いオフグリッド通信手段として、提供しようとしている。

オリジナルのgoTennaを覚えている人もいるだろう。これは携帯電話とBluetoothで接続されるキャンディ菓子程度の大きさのデバイスで、トランシーバーの周波数を使って、他のgoTennaに接続された携帯電話との間でメッセージやGPS情報を交換することを可能にするものだ。これは、バックパッキングや停電といった状況などで便利なデバイスだ。しかし、goTennaのCEOであるDaniela Perdomoは、より深刻な状況での利用に関心を寄せる利用者たちが、プロダクトの発表後文字通り数分で現れたと語った。

パークレンジャー、消防士、そして貧困地帯や戦闘によって破壊された地帯に赴くNGOたちは、モトローラやBAEそしてロッキードなどが提供する既存のメッシュ無線システムを補完するものとして、goTennaのアイデアを気に入ってくれた。大企業の提供する無線システムは、まずベースステーションを設置し、そこから離れて小さなユニットを人びとが持ち歩くこととで、お互いの通信を可能にする。これで、自分たちのチームだけがアクセスできるネットワークの出来上がりだ。しかしこうしたデバイスは一般に不格好なだけではなく、とてつもなく高価だ。基本的な構成のユニットでも数千ドルの出費を考えなければならない。市場規模は数百億ドルに及ぶ。

「捜索と救助、軍事、援助機関…彼らはこうした機器を毎日使っています。これが彼らの主要な通信モデルなのです」とPerdomoは言う。「しかしそこでは、例え大きなNGOでさえも、高額すぎて買えずにいる場合もあるのです。時には、それぞれのグループや団体が使っている製品が海外では利用できない為に、お互いが協力する際に通信できない場合もあるかも知れません」。

どうやら、真面目な競合相手が求められていたそうしたシステムに対して、Perdomoが名乗りを上げているようだ。

Proは大部分がオリジナルのgoTennaに似通っている。ただし、オリジナルは消費者向けデバイスであったために、(例えばFCCの規制などによって)使える周波数や通信出力などが制限を受けていた。Proは文字通りプロ向けに設計し製造したことで、ソフトウェアで制御される無線機能はVHF並びにUHFの周波数帯(142-175MHz並びに445-480MHz)へのアクセスと、より大きな通信出力(5W)が可能になった。

また、さらなる耐久性と60時間以上の動作が可能な大容量バッテリーが与えられている。またそれはSMAアンテナ標準を採用しているので、そこに大きなアンテナを接続して、特別な基地局なしに数マイルの距離間で通信が可能になる。Proは十分に軽いので、ドローンに搭載することでさらに通信距離を稼ぐことも可能だ。

ある会社はProに興奮するあまり、公式発表の前に記事を書いてしまったほどだった (Perdomoは特に腹を立てなかったようだが)。記事トップに示したTechnosylvaによるイラスト(火災対応ロジスティックスシステム)には、LTEや他のアプリなどの範囲外で、メッシュコミュニケーションがヘリコプターや基地局をカバーし、情報が届く様子が示されている。ここでは沢山の相互運用が行われている。

1つあたり500ドルという価格は、1度に1台ずつではなく、1度に複数台を購入することを可能にするだろう。その価格ならNGOが破産することもなく、軍事用途なら実用上使い捨ても可能だ。音声通信は行えないが、ほとんどの場合にはテキストと位置情報だけで事足りる。とにかく、誰かがこれ以上誰かを通話で呼び出す必要があるだろうか?

ちょっとした難点がある。このデバイスは、業務用または公共安全用無線帯域向けのライセンスを持つ人たちだけに対して、FCCが承認している。こうしたライセンスを所有していない者が、このデバイスを所有することは想定されていない。もちろん正確に言えば、このデバイスを購入すること自体は可能だしかしそれを運用することは、厳密に言えば違法である。

よく言われる事だが、備えあれば憂い無し。なお既にgoTenna Proの事前予約を同社のウェブサイトで行うことができる。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)