Shadow Brokers
National Security Agency

ハッカーグループShadow Brokers、NSAの機密情報を大量に公表

次の記事

Adidasが新たな3DプリントスニーカーFuturecraft 4Dを発表

昨年 国家安全保障局(NSA)が使ったとされるハッキング用ツールを暴露したShadow Brokersというグループが、また宝の山を公開した。今日(米国時間4/9)のMediumへの投稿でこのハッカーグループは、以前オークションにかけようとしたファイルを無料でアクセスできるパスワードを公開した。

Shadow Brokersの名前が最初に知れ渡ったのは、昨年8月に、 NSAおよびEquation Groupに関わる侵入事象をリークしたときで、有名ファイアウォール製品の脆弱性を利用していることが指摘された。同グループは後にEquation Groupが悪用したとするIPアドレスのリストを公開した。

Shadow Brokersは追加のファイルをオークションで売ろうとしたが、あまり関心を引くことはなかった。今年1月には「お別れメッセージ」を掲載し、新たにWindows関連脆弱性のリストを公表した。

今回Shadow Brokersは、リーク文書と共に長文のMedium記事を書いており、自分たちはドナルド・トランプ大統領への信頼を失ったために「抗議行動の一つ」としてファイルを公開したと言っている。

セキュリティ研究者らは今もファイルの調査を続けているが、脆弱性の多くは古いシステムやほとんど使われていないシステムへの攻撃に使用されたようだ。そして、少なくとも一人の男が、このリークがハッカーの正体を暴露する結果につながると考えている。

[#ShadowBrokersによるNSAのトップシークレットのツールに関するリーク情報をざっと見たところ、全貌には程遠いものだった。しかしこれだけの情報があればNSAはこのデータの出どころがどこでどうやって漏れたかを直ちに見極められるはずだ。もしできなければ、かなり恥ずかしい。― エドワード・スノーデン]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook