トップ棋士およびAlphaGoによるイベントを5月に開催

次の記事

バグ発見の賞金に最大1万ドル、LINEが「バグ・バウンティ」の対象サービスを拡大

GoogleのDeepMindが世界最高レベルの囲碁プレイヤーを破ったのは大きなニュースだった。Googleとしては、人間とAIを対決させることにより、地球上最強の囲碁棋士に対峙しうるものかどうかを確認したいとう気持ちがあったように思われる。

そしてこのたびGoogleは、中国棋院および中国政府の協力を仰ぎ、トップ棋士および中国のAI研究者を招いて5月23日から27日にかけて、AIの限界を探るサミットを開催することとなった。このサミットではAIの実力を探るとともに、人間とは異なるAI風の着手に対して、人間がいかに対応していくのかということを確認することも目的のひとつとなっている。

このイベントは5日間にわたって開催され、「囲碁の未来」(Future of Go Summit)と題されている。それぞれの対局者がAlphaGoとペアを組むペア碁も行われる。またAlphaGoを加えた団体戦なども行われることになっている。さらにメインイベントでは、世界最高ランクの棋士である柯潔を相手に、三番碁も行われる。

このイベントは、中国のAI専門家たちが集まるイベントの一環として行われるものだ。AlphaGoの進化状況についてや、その背景にある技術について、また今後の応用可能性についても議論が行われることになっている。

AI進化の研究についての話はともかく、一般的にはAIとのペア碁が注目を集めることとなるだろう。対戦相手の着手に対して、いかなる連携戦術が生まれるかは注目に値する。

原文へ

(翻訳:Maeda, H