Chromeがモバイルでの不快なページジャンプを追放―スクロール・アンカリングを追加

次の記事

イタリアのメガネスタートアップQuattrocentoが、紙フレーム試着を開始

Google Chromeブラウザの最新のアップデートでは、モバイルでサイトを開いたときに経験する非常に苛立たしい問題の一つが解決されている。

この苛立たしい問題というのは、スマートフォンでサイトを読み始めたときに、いきなりページがジャンプしてしまうことがあるという点だ。この現象が起きる理由ははっきりしている。デベロッパーはサイトのテキストが最初にデバイスにロードされ、続いて広告や画像がロードされるようにプログラミングする。

そこでユーザーがすでにサイトをスクロールダウンしていた場合、見えない場所で追加のコンテンツのロードが行われると同時に表示はリセットされ、全く関係ないページが表示されることになる(90%の確率で何かリンクをタップしようとした瞬間にこれが起きる。その結果われわれは目的のリンクの代りに広告をタップしてしまう…)。

最新版(メジャーバージョン56以降)のChromeではスクロール・アンカリングというテクノロジーを用いて不愉快なジャンプの防止に努めている。Googleでは昨年からベータ版でこのテクノロジーをテストしていたが、いよいよ安定版でも標準機能に追加された。

Googleによれば、現在でもこのテクノロジーはページビュー1回につき平均3回弱のジャンプを防止しているという。防止の精度は今後さらに高まるはずだ。

スクロール・アンカリングは主としてモバイル・デバイスを対象とした機能だ。モバイルではスクリーンの面積が小さく、スクリーン外でロードされるコンテンツの量は多くなりがちだからだ。しかしこのテクノロジーは最新のChrome for Mac、Windows、Linux、 Chrome OSにデフォールトで搭載されている。

画像: Stephen Shankland/Flickr UNDER A CC BY-SA 2.0 LICENSE

〔日本版〕説明ビデオでは左側がスクロール・アンカリングなし、右側があり。左側の例ではスクロールダウンしてテキストを読み始めようとしたとたんにトップに戻って(写真が表示されtた状態)しまう。Googleの説明によれば、スクロール・アンカリングはユーザーがスクロールした位置に表示を固定し、追加コンテンツのロードによる表示リセットを無効化するテクノロジーだという。なおChromeのバージョン57.xは3月上旬から中旬にかけてリリースされている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+