unreal engine
3D modeling

Epicが、Unrealの超リアルなキャラクターモデルを公開

次の記事

Virtualistics、VR用Excelで440万ドルを調達

ゲームに登場するキャラクターモデルの制作は非常に込み入ったプロセスであり、特に顔をうまく表現するのは至難の業だ。この種のゲームの数多くが利用しているEpicのUnreal Engineの開発チームが、「写真のようにリアルなキャラクター見本」を見せてくれた。ロブ・ロウ風のルックスで思わず触ってみたくなるほどリアルだ。

彼は物思いにふけっている ― 没頭のあまり息もしていない。

なぜなら「アニメーション」はまた別の領域だからだ。それにこのロブは、リアルさのベンチマークとして位置づけられるものではない。

実際、これよりよくできたモデルやライティングを使った映画やゲームは山ほどある。しかし、この顔にはこれを作った名人による事細かな説明がついているので、自分の手で修正したり、一から作ったりすることができる。

「このコンテンツを公開したのは、だれもがこれを使ってEpicのプロが作った材料やモデルを探究、解剖し、そこから学べるようにするためだ」とモデルの公開を発表したブログ記事は言っている。

全くの初心者にとってさえ、本物のような髪の影や眼球の動きにかけられた驚くべき配慮には目を見張らざるを得ない。この文書をスクロールしてみて欲しい。ただしこの特定の白人男性をリアルに制作するための方法以外は書かれていない。

あと、こんな悪夢に襲われることのないよう注意されたい。

ゾッとするだろう?

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook