Onlabが第14期デモデイ、最優秀賞は宿泊権売買のCansellと知財クラウドのToreruに

次の記事

WealthNavi for SBI証券が申込件数1万口座・預かり資産50億円を突破、ウェルスナビ総額では75億円に

2010年4月からインキュベーションプログラムを運営し、これまでにパーソナルモビリティのWHILLやHRテックのSmart HRなどを生んだOpen Network Lab。4月12日、同社は第14期Demo Dayを開催。プログラムに参加するスタートアップがこれまでの成果を発表した。

デモデイに臨んだ計5チームの概要を紹介する。

1.nimomin

matsuri technologies代表の吉田圭汰氏

matsuri technologiesが運営するnimominは、民泊や短期賃貸向け物件の集客支援・管理サービス。民泊営業の180日規制にも対応しており、短期賃貸との並行運用が可能だ。現在、サービスに掲載されている物件数は50室。同社は今後、安全で高い利回りを実現するため、従来の民泊・短期賃貸だけでなく、シェアハウスやイベントスペースなどを扱う複数のサービスとの連携を目指すという。

2.Cafe Wifi

Remote Work代表のBen Guild氏

Remote Workが手がけるCafe Wifiは、ネット環境が整ったワークスペースが探せるアプリ・Webサービスだ。アプリが自動で検知するWi-Fi速度や店の雰囲気などの項目を集計してレート化している。アプリでは、現在地点から候補となるワークスペースを探すことができる。同サービスでは現在、世界90カ国以上にある約3000店のカフェやスペースの情報が提供されている。今後はスペースの予約機能や飲食の遠隔注文機能を追加していくとしている。

3.Toreru

Toreru代表の宮崎超史氏

Toreruは商標申請などの知的財産に関する業務を簡略化するクラウドサービス。Toreru代表で弁理士でもある宮崎超氏は、「知的財産業務の95%が事務作業であり、無駄が多い」と話す。同社によれば、Toreruを利用することで知財業務にかかる時間を1/10まで削減できるとしている。同社は今後、海外申請に対応するほか、データを活用して(知財面での)競合企業をウォッチングする機能などを追加していく。

4.PSYGIG

PSYGIG代表のGary Lo氏

PSYGIGはモビリティIoT製品の安全性を高めることを目指したSaaS型解析サービス。モビリティIoTではデータを取り出して解析するまでに数週間の時間を要するが、PSYGIGではこれを数時間にまで短縮することができるという。同社はSDKを提供しており、コードをコピー&ペーストするだけで簡単にサービスを導入できる。また、リアルタイムで車両のモニタリングを行い、異常があれば即時にアラートする。

5.Cansell

Cansell代表の山下恭平氏

Cansellは急な都合でキャンセルしなければならなくなったホテルの宿泊権を第三者に売買できるサービス。宿泊権利を売ることで、本来ホテルに支払うべきキャンセル料を節約できる。同社によれば、現在、オンラインで予約したホテルがキャンセルされる割合は19%だという。今後は、さまざまな予約サイトなどと連携を進め、ボタン1つで出品できるような仕組みを作っていくという。また、ホテル以外の飲食店や結婚式などの権利も売買できるようなプラットフォームを作っていくようだ。

計5名の審査員による投票の結果、オーディエンス賞にCansell、最優秀賞にCansellとToreruが選ばれた。最優秀賞が2社になるのが今回が初めてのことだという。

Open Network Labは現在、第15期シードアクセラレータープログラムに参加する企業を募集中だ。期間は5月22日まで。参加条件の確認や応募はこちらから行える。