GoogleのペアレンタルコントロールFamily LinkをiPhoneからも使えるようになった

次の記事

Facebookは‘偽いいね!’をばらまくスパマーたちと6か月戦ってやっと勝利を宣言、数字は発表せず

3月にGoogleは、Android機を使っている子どもたちの親が使うペアレンタルコントロール(parental control, 親による管理)のソフトウェアFamily Linkを導入した。ただしそのときは、親と子の両方がAndroidを使ってないと、“管理”はできないのだった。それが今日(米国時間4/14)から変わり、親が子どものデバイスを構成したりモニタするアプリがiOSデバイスにもやってきた。

つまりママやパパがiPhoneを使っていても、Androidを使っている子どもの一回の使用時間や、一日の使用時間の上限、“もう寝なさい時間”、などを管理できる。

今アメリカでは、使われているスマートフォンの42%がiOSだから、これでFamily Linkの可利用範囲が大きく拡大する。

このペアレンタルコントロールのためのプラットホームは、まだテスト中だ。先月Googleがこのソフトウェアを披露したとき、親はまず招待をリクエストしてから、このプログラムに参加するのだ、と説明された。それはアーリーアダプターからのフィードバックで細かい問題を直してから、一般公開に踏み切りたい、という意図だ。

Family Linkは親が、子どものAndroidスマートフォンの使い方に制限を設けるためのソフトウェアだ。たとえばiCloudのFamily Sharingの“Ask”機能のように、ダウンロードするアプリを承認/非承認したり、すでにダウンロードされているアプリをブロックしたりする。

さらに親は、子どもがどのアプリで各週/各月過ごしているか、という統計を見たり、スケジュールを決めて子どものデバイスをリモートでロックできる(デバイスの就寝時刻)。また毎日のスマホ使用時間も設定できる。

  1. screen696x696-20.jpeg

  2. screen696x696-21.jpeg

  3. screen696x696-22.jpeg

  4. screen696x696-23.jpeg

木曜日(米国時間4/13)にリリースされたiOSバージョンは、機能的にはAndroidバージョンとまったく同じだ。というか、単純にAppleのプラットホームへ移植しただけだ。

注意すべき点としては、子どものAndroid機はAndroid 7.0(Nougat)以上であること。ひとつ前の6.0(Marshmallow)のデバイスも、以下の機種ならOKだ(リストはFamily LinkのFAQページにある):

  • Alcatel Dawn

  • Alcatel Fierce 4

  • Alcatel Pixi Unite

  • LG K3

  • LG Stylo 2 Plus

  • LG X Power

  • Samsung Galaxy Luna

  • Samsung Galaxy Tab A

  • Sony Xperia X

そして、まだテスト中のソフトウェアなので、バグに遭遇する可能性もある。

iOS用のFamily LinkはiOS 9以上で使える。AppStoreからのダウンロードは無料だ

〔訳注: このペアレンタルコントロール・アプリに関心を持たれた方には、原文上の、Victor Marks氏によるコメントをお読みになることを、お勧めします。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))