WerckerをOracleが買収、コンテナベースのデベロッパープラットホームに既存大手も着目

次の記事

Facebook、クリーブランド銃撃ビデオの経緯を発表

コードの試験とデプロイを高速化するオランダのスタートアップWercker登場したのは、2012年だった。そのころはデベロッパーのアプリケーション構築を助ける類似サービス、CloudBees, CircleCi, それに新人のCloudMunchなどが新しいプラットホーム市場を作りつつあった。同社はシードラウンドのあと昨年は、シリーズAで450万ドルを調達した

同社は今日(米国時間4/17)、額面非公開でOracleに買収されたが、それは明らかに同社の、コンテナをベースとするクラウドネイティブな開発自動化プラットホームの魅力だ。

Oracleは今、同社のクラウドコンピューティングプラットホームのためのIaaSとPaaSの基盤を築こうとしているから、Werckerはうってつけのパートナーだ。

WerckerのシリーズAはInkef Capitalがリードし、既存の投資家Notion Capitalが参加した。同社のこれまでの調達総額は750万ドルになる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))