facebook f8
Cleveland

マーク・ザッカーバーグ、F8でクリーブランドの銃撃事件に言及

次の記事

iOS版Googleマップにもタイムラインがやってきた

F8カンファレンスの壇上、Facebook CEO Mark Zuckerbergは、先週末に起きたクリーブランドの銃撃事件について語った。容疑者は殺人現場をビデオに撮りFacebookに投稿していた。男はその後Facebookのライブ中継で自らの犯行について語り、Facebookは暴力的コンテンツの検閲が十分ではないと批判された。

「われわれは共通の認識を持つにも努力している。ただ様々な意見を求めるだけでなく、人々の気持ちを一つにすることに。われわれにすべきことはたくさんある。グループやコミュニティを作り、情報を共有しあえる社会を作り、コミュニティの安全を守るために、数多くの製品計画が進められている」とZuckerbergは言った。「われわれのすべきことはたくさんある。クリーブランドの悲劇でそのことを思い知らされた。Robert Godwin Sr.の家族と友人たちに心から哀悼の意を表するとともに、このような悲劇を繰り返さないためにこれからも努力を続けていく」

銃撃ビデオの事件を受け、Facebookは暴力的コンテンツに関するユーザーからの通報を確認するスピードを改善すると語った。昨日(米国時間4/17)Facebookは、銃撃ビデオが投稿されてから2時間近くたつまで報告されなかったことを公表した。同社は人工知能を使って暴力的ビデオを検出し、シェア方法に制限を加えることも示した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook