アジア
スマートフォン

HTCの新製品は握って操作できるスマホ

次の記事

自動車共有のGetaround、4500万ドルをトヨタ他から調達―メーカーとの提携を拡大へ

「U」と名付けられたHTCの新機種は握りしめられるスマホだ、という噂を同社が認めた。これはゴム製のデバイスを意味しているのではない。Uの金属製フレームにはセンサーが埋め込まれる予定で、ユーザーはフレームを握りしめたり、上下にスワイプしたりすることで、スマホを操作できるようになるということだ(VentureBeatでスマートフォン関連の記事を多く発表しているEvan Blassの情報)。

つまり、将来的にはスクリーン以外でもスマートフォンを操作できるようになる。

これはなかなか面白い仕組みだ。HTCのティーザー広告では、詳細は5月16日に発表予定とされているものの、おそらくその前にも、握って操作できる新機種自体や他の機能についての情報が明らかになってくるだろう。

数週間前にリリースされたU Ultraが販売促進を目的に既に20%値下げされている中、HTCは新機種Uで挽回したいところだ。

原文へ

(翻訳:Atsushi Yukutake/ Twitter