Alexaを支える技術Amazon Lexが開発者に開放された

次の記事

Facebookが簡単なVRアプリを作るためのJavaScriptフレームワークReact VRをオープンソースでローンチ

Amazonの仮想アシスタントAlexaを支えているテクノロジーであるAmazon Lexが、今朝(米国時間20日)のロイターの記事によれば、プレビュー段階を終了したということだ。自然言語理解技術を自動音声認識技術を組み合わせたこのシステムが、最初に紹介されたのは11月にラスベガスで開催された、AmazonのAWS re:Invent会議のことだった。

その時Amazonは、例えばチャットボットのような会話型アプリケーションを作りたい開発者たちが、そのようにLexを使うことができるかを説明した。

例として同社がデモしたのは、ユーザーが声だけを使って飛行機の予約を行うことができるツールだった。

とはいえ、このシステムは、Facebook Messengerのような、今日見られる消費者向けメッセージングアプリ内の、チャットボットに使われることだけに縛られているわけではない(もちろんそうしたプラットフォームに統合することは可能だ)。実際にはLexは、モバイルや、ウェブや、SlackやTwilio SMSのようなMessengerを超えたその他のサービスの中で、音声やテキストチャットボットとしてどのようにも利用することが可能だ。

AmazonはLexが、ウェブやモバイルアプリケーションの中で、ユーザーに情報を提供したり、アプリケーションに能力を与えたり、様々な仕事を支援したり、さらにはロボットやドローンやおもちゃを制御するメカニズムを提供したりといった、様々な目的のために利用できることを示唆している

とはいえ、メッセージング内のチャットボット、特にeコマースのボットは、Lexテクノロジーへの確かなエントリーポイントの1つである。不恰好なナビゲーションメニューをもち、ユーザーの問に対して限られた返答しか行うことができない現行のチャットボットに、消費者たちは不満を抱いている。これに対してLexは、音声をテキストに変換し、テキストの意図を認識して、より会話らしくすることができて、現在市場にあるものよりもさらに洗練されたボットを開発することを可能にする。

Amazonの完全マネージド型サービスとして提供されるLexは、ボットの使用量が増えるに従って自動的にスケールアップする。つまり開発者たちはLexが処理したテキストと音声の量に従って支払いをするだけでよい。

Lexををより広い開発者コミュニティに解放するAmazonの戦略は、GoogleのAsisistantやAppleのSiriなどの、他社の音声技術に対しての競争優位性を確保するために役立つことだろう。本日のレポートには、AmazonがLexを組み込んだアプリから送られるテキストや録音を用いてLexを改善し、より多くの問い合わせを理解する能力に磨きをかけることを計画していることも書かれている。

このオープン性は、Alexaプラットフォームに対する、Amazonの大きな戦略であり続けている。例えば、Amazonは既に、開発者がAlexaをそれぞれのデバイス(スピーカーや、ベッドサイド時計など)に統合することを可能にするAlexa Voice Servicesをロールアウトしていた。

Amazonがオープンエコシステムを推進している分野は、Alexaのソフトウェアだけではない。同社は今月初めには、そのEchoスピーカーを支える技術を、サードパーティデバイスメーカーも利用できるようにすると発表した。これにはAlexaコマンドを聞き取るためのマイクロフォンアレイや、ウェイクワードを認識する独自ソフトウェア、バックグラウンドノイズの低減、そして大きな部屋の中での反響のキャンセルなどが含まれている。

これらをOEM企業に提供することで、他のメーカーたちも自身のスマート音声認識製品を構築することができる。たとえそれがAmazon自身のEchoスピーカーと競合するとしても。

Amazon Lexに興味のある開発者は、ここから始めることができる。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)