任天堂が新しい2DS XLを6月28日に150ドルで発売

次の記事

Google AssistantのSDKをデベロッパーに提供、製品のプロトタイプへの使用は自由で無料

木曜日に任天堂は、本当に唐突に新しい携帯ビデオゲーム機を発表した。発表された2DS XLは、基本的には3D機能のない3DS XLだ。可搬性のために外形はより小さいサイズになっているが、ディスプレイは3DS XLと同サイズの大きなデュアルディスプレイだ。新しいマシンが店頭にならぶのは6月28日の予定なので、それを手にするまでにはもう少し待たなければならない。とはいえそれはお財布に優しい149.99ドルという価格なので、3DSを気にしながらも傍観していた層にもアピールできるだろう。

任天堂2DS XLは、3DSの代替機として2013年にリリースされた2DSを踏襲するものだ。オリジナルの2DSは、上下に並んだスクリーンを持つものだったが、2DS XLでは3DSのようなクラムシェルデザインが採用された。折りたためる形式は持ち運びに便利だし、遥かに大きなディスプレイの搭載が可能になる。2DS XLはまた、2015年に発売された新3DS XLの持つパワーも備えていて、高い性能を必要とするゲームに対して十分なパフォーマンスを提供できる。

もし3DSを持っていないなら、これは素晴らしい選択肢のように思える。なぜなら大部分のユーザーにとって3D機能は疑問の残るものだからだ(私の場合ほとんどいつでも3D機能を完全にオフにしている)。そしてこの記事の執筆時点で200ドルをやや下回る小売価格の3DS XLに比べて、大きな節約になる。2DS XLはまた、新しい3DS XLのハードウェア上で導入された新しいCスティックとZLとZRボタンを備えている。そしてそれは3DS XLに比べてより小さくて軽い、これはカバンの中に入れて持ち運ぶデバイスとして考えるなら大きな利点だ。

任天堂はまたAmiibo(アミーボ)サポートのため2DS XLにNFCのサポートを入れて、ポケモンサンムーンのような素晴らしいタイトルを含む、同じゲームラインナップをサポートする。2DS XLと一緒に2つの新しいゲームもリリースされる。Pikminシリーズに連なる新しい横スクロールゲームの“Hey! PIKMIN”、そしてRPGと戦略ゲームの要素をブレンドしたMii中心のゲームだ。

多くのオブザーバーたちは、家庭用と持ち運び用を兼ねたSwitchが出た今、任天堂は3DSのラインをどうするつもりなのだろうかと考えていたが、少なくとも現時点では将来的に専用ポータブル機器から撤退するような計画があるようには見えない。

(日本版:3DS XL、2DS XLは、日本ではそれぞれ3DS LL、2DS LLに相当する)

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)