Samsung、韓国での自動運転車テストの許可を取得

次の記事

M&Aなしに大企業は競争力を維持できるのか?

Samsungは自動運転車の開発に取り組んでいる ―― それはこの会社の歴史と幅広い興味を知っていれば驚くに値しない。何が新しいのか。最近Samsungが、韓国政府から国内の公道で自動運転技術のテストをする許可を受けたことだ。

韓国国土交通部が5月1日にOKを出したことをThe Korea Heraldが報じた。これでSamsungは改造したHyundaiの試験車をテストすることができる。同試験車にはSamsungの自動運転用ソフトウェアを動かすために必要なセンサーとカメラが装備されている。

韓国の路上で自動運転技術のテストを最初に許可されたのはHyundaiで、一年以上前の2016年2月のことだった。当時は規制が緩和された時でもあった。現在各社は人間ドライバー1名で車両をテストすることができるが、当初はテスト中2名以上が乗車している必要があった。

カリフォルニア州も要件を緩和することを検討している。韓国で最近実施された規制変更では、ハンドルもペダルもない車両を許可する下準備も行われており、これはカリフォルニア州の規制補正案にも組み込まれている。ミシガン州では最近同様の法律が通過している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook