Facebook Q1決算を発表、売上80.3億ドルで予測超え、ユーザー増加率も上昇

次の記事

AmazonがM4インスタンスと一部のリザーブドインスタンスの料金を値下げ、ますます分かりづらい料金体系に

Facebookは再び好調な四半期を終え、予測を上回る実績で2017年のスタートを切った。2017年Q1の売上は80.3億ドル、GAAP実質EPS(1株あたり利益)は1.04ドルでアナリストの予測は0.87ドルだった。この売上を生み出したユーザー数は19.4億人で成長率は4.3%、前四半期はユーザー数18.6億人で成長率は3.91%だった。

安定成長、強固な売り上げ

このペースで行くとFacebookの総ユーザー数はQ2中に20億人を超える。毎日利用するユーザーは12.8億人で、前四半期の12.3億人から伸びている。偽ニュースやビデオによる暴力、Snapchatの模倣などニュースのタネは尽きないが、ユーザー成長はその期間にむしろ伸びていた。Facebookは、実入りはいいが飽和状態の米国・カナダ市場で月間300万ユーザーを追加したが、大きく貢献したのはアジア太平洋地域で、四半期に4300万ユーザーが加わった。

同社は投資家に向けて、「今後Facebookは経費、売り上げ、税率、および1株あたり利益の非GAAPベースデータは報告しない」と伝えた。これは、同社が株式型報酬の費用をこれまで以上に目立たせて公表することを意味している。これは重要だ。なぜならFacebookのような会社は従業員に対して、時間とともに価値の上がる株式を大量に与えることで、離職を防いでいるからだ。

Facebookの売上、78.3億ドルはアナリスト予測を上回った。今日の株価は0.68%ダウンの151.80ドルで引けた。時間外取引では2.37%下げた。今日の報告を見る限り、広告スペースの枯渇による売上成長の鈍化はなさそうだ。

モバイル売上の割合は85%と前期の84%から上昇し、広告売上のうち67億ドルを占めた。Q1の利益は30.6億ドルで、前年同期比76%増、売上は前年同期比49%増だった。ゲーム支払い事業の減少傾向はなんとか抑えることができた。今期は1.75億ドル、前期Q4は1.80億ドル、前々期Q3は1.95億ドルだった。

従業員数は1万8770人で対前年比38%増だった。総経費は47億ドル、経常利益率は41%で前四半期の52%から減少した。

2億人が使っているFacebook Liteなどのアプリで途上国市場に力を入れているFacebookは、最近Messenger Liteを提供し、Instagramの新たなオフラインモードも効果を表している。世界のその他の地域でのユーザーあたり売上は1.27ドル、前年比40%増だった。

Zuckerberg曰く、Snapchatは抜いた

Facebook参加のメッセージングサービス、WhatsAppのSnapchat Storiesクローン、WhatsApp Statusの実績が初めて公表された。ZuckerbergによるとWhatsApp Statusの毎日ユーザー数は現在1.75億人で、スタートからわずか10週間で、Snapchat全体よりも大きくなった。

しかしZuckerbergの最も注目すべきコメントは、ビジュアルコミュニケーションおよび仮想現実分野での進捗についてだった。Snapchatの名前は出さなかったものの、比較の相手は暗示されていた(引用中の
強調は筆者による)。

カメラとシェアのやり方に関して、当初は流行に少し乗り遅れたと思っている 。しかし現時点でわれわれの作っているテクノロジーはずっと先を走っているし、オープンなプラットフォームを作ることは大きな一歩だと考えている。Facebookファミリーの様々なアプリで多くの人たちがこうしたサービスを利用している。今後もわれわれがこの分野をリードしていくだろう

CEO Zuckerberは、Snapと比べて、外部デベロッパーがFacebookのために幅広い種類のARコンテンツを作ってくれると強気を見せた。ARの収益化について聞かれると、物体認識によって現実世界の商品の上に購入ボタンを浮かべることができると話した。

決算会見のもう一つの重要な話題は、Facebookが、現在ニュースフィードで自然に目に入ってくる短編ビデオではなく、長時間ビデオと意識的視聴を強調し始めたことだ。広告ブロックの阻止対策も成功している。CFO David Whenerによると、Facebookの2017年Q1の広告インプレッションは2016年Q1より32%多かった。

スキャンダルはFacebookを減速させなかった

eMarketerは、2017年にFacebookはデジタル広告売上で362.9億ドルを生み、前年比35%成長すると推計している。これは全世界オンライン広告市場の16.2%で、Googleの33%につぐ世界第2位に相当する。Facebookの広告収入の45%は米国から生まれると予想されている。Instagramの財務状況は公開されていないが、Instagramの全世界の広告売上は39.2億ドルで、Facebookの広告売上の12.3%だとeMarketerは推定している。

Instagram Storiesの成功に続き、FacebookはMessenger DayFacebook Stories、およびWhatsApp StatusというSnapchatのクローンを作り続けている。こうしたクローン製品はSnapchatの成長を鈍らせつつ、いずれはInstagramでやっているのと同じように、Storiesの合間に挿入する広告で宣伝費を獲得することになるだろう。

FacebookはLinkedInに対抗して、Facebookは職探し機能を提供した。ビデオおよびライブ中継の挿入広告もスタートした。売上の45%をFacebookが、55%をクリエーターが受け取る。

Oculusでは問題を抱えている。知的財産権盗用の訴訟で、Zenimaxに3億ドル(加えてOculusのファウンダーから2億ドル)を支払った。共同ファウンダーのPalmer Luckeyは会社を去り、有線VRヘッドセットの販売が業界全体で鈍る中、OculusはRiftヘッドセットを値下げした。

Facebookの四半期最大のニュースは、偽ニュースと不快なコンテンツとの現在進行中の苦闘だ。外部のファクトチェッカーと提携し、New York Timesの元ニュース製品マネージャーを雇い、禁止コンテンツの通報を容易にした。さらに今日、問題コンテンツの確認のために3000名を雇用すると発表した。こうした様々な議論やトラブルをさえも、ソーシャル巨人の勢いを止めることはないようだ。

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook