カナダ運輸省がAT-ATにリコールを命令―スターウォーズ・ファンは大喜び

次の記事

CRISPR-Cas9ゲノム編集でマウスのHIVウィルス除去に成功

今日(米国時間5/4)、われわれが愛するある巨大組織は映画にも造詣が深いことを証明した模様だ。カナダ運輸省は 全地形対応装甲車両にリコールを命じた。この四脚装甲車はAll-Terrain Armored Transportの頭文字を取ったAT-ATウォーカーというニックネームでよく知られている。

AT-ATはスターウォーズ・ファンには前の世代からおなじみだ。最初にその禍々しい姿を現したのは『帝国の逆襲』における惑星ホスの戦いだった。 その後『ローグワン』でスカリフを反乱軍の小部隊から守るためにも登場する。カナダ運輸省ではAT-ATをSTAR WARSというカテゴリーに分類している。リコールの理由は「惑星ホスないしカナダ北部のような厳寒気候における能力の不足」だそうだ。

このリコールは1万台のAT-ATに影響するはずだが、リコール指令は公文書では「その他」に分類されている。カナダ運輸省は通常リコールのような大きな影響を与える文書を「その他」などには分類しない。またAT-ATの製造者は「銀河帝国」とされているが、この点についてはわれわれのほうが詳しい。AT-ATの実際の製造者は帝国と独占契約を結んだ兵器メーカー、クワット・ドライブ・ヤード社だ。ともあれカナダ運輸省にもスターウォーズ・ファンのジョーク好きがいた。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+