業務提携
ブラケット
クレジットエンジン

オンライン融資の「クレジットエンジン」がSTORES.jpと提携――資金の前貸しサービスを開始

次の記事

GEの小さなロボットたちは、ガスタービン検査の大きな課題を解決してくれるかもしれない

1月30日に500 Starups Japanフリービットインベストメントなどから総額1億1000万円の資金調達のほか、オンライン融資サービス「LENDY(レンディ)」のベータ版の提供を開始したクレジットエンジン。同社に新たな動きがあったようだ。

ネットショップ開設サービス「STORES.jp」を提供するブラケットと業務提携を結び、STORES.jpのユーザーを対象とした融資サービス「マエガリ」の提供を5月8日から開始していた。

借入金は3種類、返済方法は2タイプ

LENDYは中小企業、個人事業主向けのオンライン融資サービス。独自のアルゴリズムによって、財務情報や信用情報に加え、オンライン会計データ・ECサイトデータ・オンラインバンキングデータ・タブレット型POSレジデータなどのオンラインデータをリアルタイムで継続的に分析しているため、10〜15分ほどで審査が完了する。面倒な書類作成は不要だ。

新サービスのマエガリは、LENDYで開発したオンライン融資機能をプラットフォームとしてSTORES.jpのユーザーに提供するというもの。

実際のイメージ

具体的には、STORES.jpを利用するユーザーの管理画面にマエガリの登録導線が設置され、登録するとSTORES.jpでの売上データが自動的に連携。これにより、面倒な手続きをすることなく、事業に必要な資金を調達できる。

10万円、50万円、100万円の3種類。返済期限は6か月間と決まっているが、ユーザーは毎月返済、一括返済のどちらかを選択可能となっている。また担保の必要もなく、最短2営業日で振込みが行われるという。

海外では2014年5月にSquare(スクエア)が返済期限なしの小売店向けの事業資金の前貸しサービス「Square Capital」を正式開始している。これはSquareが自社の決済サービスでの売上実績などを元に独自に与信調査をして資金を提供するというモデルだが、マエガリもこれと同じく、独自に持つデータ(とSTORES.jpのデータ)での与信調査を行っているというかたちだ。

クレジットエンジンはブラケットとの業務提携を機に、今後もプラットフォーマーとしてオンライン融資機能を法人に提供していき、中小企業や個人事業主の方々の事業運営を支援していく予定とのこと。