FileMaker
省コード
コードレス

FileMaker 16が、プロ向け機能も更に充実させてリリース

次の記事

Amazonが発表したばかりのアレにそっくりなものを売っているところがあるのだけれど、Walmartさんいかが?

Appleの100%子会社であるFileMakerは、要するにMac、Windows、iOS、そしてウェブ上での業務アプリケーションを、非開発者たちが作ることができるようにしてきた会社だ。しかし、ここ数回のリリースをみると、どうやらプロフェッショナル開発者向けの機能も追加し始めたようだ。

FileMaker 16の発売に伴い、同社は(非開発者と開発者)それぞれの層に向けた新しい機能を追加してきているが、明らかに今回のリリースでは、経験豊かな開発者向けのよりよいサポートの提供に、力点が置かれている。

マーケットで35年以上の歴史と、100万人以上のアクティブなサブスクライバーを抱えるFileMakerのチームは、利用者たちが何を望んでおり、さらにそれをどのように見せれば良いかについては明らかに心得ている。その中心的な市場は今でも、小規模なプロジェクトに対してそれを使用する、中小企業の顧客たちだ。しかし、その状況は少し変わりつつあると、FileMakerのプラットフォームエヴァンジェリズムディレクターのLeCatesが話してくれた。「いま世の中で起きているようにみえる興味深いものの1つは、たとえエンタープライズレベルであったとしても、プロの開発者でさえ省コードあるいはコードレスのプロダクトを検討しているということです」。彼はこの種のツールに関する市場全体について教えてくれた上に、GoogleやMicrosoftのような競合他社たちが、現在このカテゴリに注目しつつあるのもとてもエキサイティングだと付け加えた。

彼は、プロとアマチュア開発者に対する支援を、排他的に考える必要はないと思っている。結局のところ、ほとんどの省コードプラットフォームの可能性を全部引き出すためには、遅かれ早かれコードを書く必要になるのだから(そして、もしプラットフォームはそうしたことを許さないなら、その制約を越えようともがくところで大変なフラストレーションを感じることになっていた)。

「私たちは数十年に渡る経験を持っていますし、明らかにされてきたアイデアの力を常に信じてきました」とLeCatesは言った。「私たちはグラフィカルで宣言的な方法で開発を行えるようにしようとしていますが、もしあなたがプロなら更に深いところに降りて行くことが可能です」。

同氏はまた、同社は昨年、アマチュア開発者を適切な道に導く助けとなる、多くの教育コンテンツを立ち上げたと述べた。

FileMaker 16では、例えば、iBeaconsやGPSロケーションへのサポートが強化されていたりする。これは元々は前回のリリースで追加されたものだが、今や開発者たちはバックグラウンドのビーコンを監視したり(前のバージョンでは自ら積極的にスキャンに行かなければならなかった)、ジオフェンス(ある特定のエリアに対する境界)を設定するアプリケーションを開発することが可能になった。また例えば、領収書や請求書を生成したい顧客のための印刷ソリューションと同様に、署名取り込み機能なども強化されている。

しかし、より高度な開発者たちに対しては、REST APIも提供されるようになり、また開発者たちは例えばcURLを用いて、実質的にほぼどのようなRESTful APIにもアクセスすることができるようになる。そしてFileMaker自身も、FileMakerアプリから標準的なJSON形式でデータを公開するデータAPIを提供するようになった。また、Tableau(有名なBIツール)と統合するためのデータコネクタも用意されている。「多くのプロ開発者たちが、これを利用して、簡単に魔法を作りだすことができるでしょう」とLeCatesは述べている。

他の新機能には、複雑なレイアウトを変更する簡単な方法や、最終的なアプリで見たいアニメーションを宣言するためのサポートなども含まれる(これまでは、カスタマイズの方法が全く与えられていなかった)。また、OAuth 2.0もサポートされているので、これによってユーザーはサードパーティの認証システムを統合することができる。ユーザーはまた、Amazon、Google、およびMicrosoft Azureの認証情報を利用してサインインすることもできる。

LeCatesによれば、今回のリリースの主たるメッセージは、開発者たちにより多くのコントロールを与えるということだ。また最新のリリースでは、FileMakerは年次リリースサイクルに切り替わった。このことによって、同社は市場の変化に少しだけ早く対応できるようになるだけでなく、LeCatesが指摘するように、構築には時間がかかる長期的に必要とされる機能を追加していくことも可能になった。例えば、今回のリリースで公開された機能の多くは、前回の更新時にチームによって投入されていたインフラストラクチャ上に構築されている。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)