Microsoftが、Azure上で行なうディープニューラルネットワークトレーニングサービスを発表

次の記事

農薬や化学肥料の濫用を防ぐCeresのハイパースペクトル農地画像分析技術が$5Mの資金を獲得

Buildビルドデベロッパーカンファレンスで、本日(米国時間5月10日)Microsoftは、Azure Batch AI Trainingを発表した。長ったらしい名前だが、その内容をよく表現している名称だ。これはディープニューラルネットワークのバッチトレーニングを、Azureクラウドコンピューティングプラットフォーム上で行なう新しいサービスだ。このサービスは現在プライベートプレビュー中だが、いつ公開プレビューで利用できるようになるのかは不明だ。

Batch AI Trainingとは、基盤となるインフラストラクチャの運用を心配することなく、開発者たちがモデルに集中できるようにするマネージドAIトレーニングサービスだと考えるのがおそらく良いだろう。

現在のところ詳細には欠けるものの、基本的なアイデアは、開発者たちに機械学習モデルを訓練するためのサービスを提供することだ。Microsoftによれば、このサービスはあらゆるフレームワークをサポートするとしている。このため開発者たちは、例えばGoogleのTensorFlowや、マイクロソフト自身のCognitive Toolkit、もしくはCaffeなどを使用できるようになる。

開発者やデータサイエンティストたちは、もちろん、モデルを訓練するために使用する環境を構成することが可能だ(もちろろんプライベートプレビュー後に、このサービスを使用するにはどれくらいの費用がかかるかの因子が決定される)。Microsoftは、開発者たちがその作業負荷を、複数のCPU、GPU、そして長期的にはFPGA上で実行できるという点にも言及している。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)