Microsoft Teamsの開発者たちが、自分たちのアプリを公開できるようになった

次の記事

Slackやチャットワークと連携する受付システム「RECEPTIONIST」、運営元が資金調達

Microsoftは、本日(米国時間5月10日)Build 2017カンファレンスにおいて、すべての開発者がOffice Storeを通じてMicrosoft Teamsアプリケーションを公開できるようになったことを発表した。公開されたアプリは、新しいアプリ発見機能によって、Teamsの中で紹介されるようになる予定だ、と同社は言っている。

今回のイベントでは、MicrosoftはTeamsの機能の一部に関するデモを行ったが、その中にはボットや他のコネクターを利用できることだけでなく、タブ、モバイルアプリ、Cortanaとの統合なども含まれていた。

Teamsで同社が目指すのは、Microsoft独自のSlack対抗製品を提供することでもあるが、それ以外にもExcel、Word、PowerPoint、OneNote、SharePoint、Power BIなどのMicrosoftの他のアプリケーションとの連携はもちろん、Asana、Hootsuite、Zendeskなどの企業環境で頻繁に使用されている約150のサードパーティサービスとの統合も実現できるようにデザインすることも目標だ。

Buildにおけるデモでは、これらのアプリケーションたち同士とCortanaがどのように連携して動作するかを示すことに、Microsoftの力点は置かれていた。たとえば、あるミーティングデモの後、モバイルユーザーが彼女自身のラップトップに戻って、Cortanaを通してアクションアイテムを見つけたりするデモだ。CortanaはOutlookに送られてきた彼女宛のミーティングサマリーからその情報を見つけている。ミーティングサマリーには、出席者リスト、ビデオリンク、使用されたタブ、Teamsからのボットインタラクション、などと一緒にユーザーのアクションアイテムが含まれている。このアクションアイテムは、電子メールそのものの中で完了マークを付けられるようになっている。

Teamsのデモに加えて、同社はDeveloper Previewに2つの新機能が追加されたことを発表した。これは来月すべてのユーザーに提供されるものだが、統合拡張機能と、アクティビティフィード内でのサードパーティ通知機能である。

統合拡張機能によって、ユーザーたちは他の画面を切り替えることなく、他のアプリやサービスからの情報を、Teamチャットに持ち込むためのコマンドを発行することができるようになる。

一方、開発者たちは、新しい通知のサポートによって、アクティビティフィード内で自分たちのサービスから重要なお知らせや更新に関する情報を流すことができるようになる。これを可能にするために、開発者には新しいTeams APIが提供される。またチームとチャネルの情報にアクセスするためのAPIもプレビュー中だ。

これらの追加によって、開発者たちは、タブ、ボット、コネクター、統合拡張機能、そしてアクティビティフィード通知などを、1つのTeamsアプリの中にパッケージできるようになる。

MicrosoftはBuildにおいて、Wrike、Sapho、Adobeなどのパートナーからのものを含む、いくつかのアプリの実演を行ってみせた。

  1. screen-shot-2017-05-10-at-12-30-30-pm.png

  2. screen-shot-2017-05-10-at-12-23-50-pm.png

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)