MicrosoftのWindows Story Remixは、機械学習を使って素敵なビデオを作成する

次の記事

パテント・トロールに示談金を払わずに完勝する方法、Cloudflareの先行技術調査戦術に学ぶ

もし単にビデオ、写真、音楽を指定して、あるアプリケーションにこれらを素敵なビデオにしてくれと指示することができたら、素敵なことではないだろうか?Windows Story RemixでMicrosoftが実現しようとしているのは、そのようなことだ。今年後半に、Windows 10 Fall Creators Updateと共に登場する予定の、この新しいアプリケーションは、Windows 10の新バージョンのすべての新機能を使いやすい機械学習ベースのアプリケーションとして統合して、まるでプロが作ったかのようなビデオを自動的に作成することができる。

このようなプロダクトはもちろん、ステージ上のデモとしては素晴らしいもののように見えるが、もし最終プロダクトが本当に今日同社が見せたようなものになるのなら、間違いなく注目に値する。

アプリケーションに対して、あなたが使いたいビデオクリップや写真、そしておそらくサウンドトラックを与えると、ビデオを生成する準備が整う。そうするとアプリは、例えば動きが派手なシーンや、皆が笑顔をみせているシーンなどを探す。もしそうしたビデオ上に複数の人がいる場合には、最終カットの「スター」が誰なのかを指定することさえ可能だ。もし複数の人が同じイベントのビデオを、複数の角度から撮っていた場合には、Story Remixはそれらすべてを一貫性のあるビデオとして統合しようとする。もちろん、すべての画像やビデオは自動的にタグ付けされるので、簡単に人や物を検索することができる。そうしたことのすべてが、MicrosoftのAI機能によって強化されている。

デモでは、それらのビデオは素晴らしいものにみえていたが、Microsoftがそうした機械生成ビデオを簡単に編集したりカスタマイズできるようにしたということそのものが、ある意味このアプリケーション最大の資産なのかもしれない。タイトルのフォントを変更したり、クリップを少し長くしたりといった作業は簡単だ。しかし、それ自体は全く特別なものではない。他のすべてのビデオアプリでもそれを行なうことができる。Google Photoでさえ自動的に生成されたビデオに対して似たようなことを行なうことが可能だ。

Story Remixを特別なものにしているのは、Surface Penでビデオ上に書き込みができるということだ、そして人や物に対してテキストをアンカーすると、ビデオがパン(カメラの向きを変える)しても、テキストはもとの人や物の場所にとどまったままにすることができる。Story Remixと緊密に統合されているRemix 3Dの中にある3Dオブジェクトを用いて、さらに面白いことをすることができる。たとえばサッカーボールを火の玉に変えたいとしよう。 単に素晴らしい火の玉をRemix 3Dライブラリで見つけて(その火の玉も別の複雑なRemixシーンの一部である可能性もある)、それをボールにアンカーすれば、それで完了だ。物を地面に固定することもできる。

最新のウェブ技術を使用することで、ユーザー作品を簡単にウェブ上で共有することができる。

Story RemixはWindows 10 Fall Creatorsアップデートで公開されるが、手元のPCで使えるようになるのは9月頃だと思われる。

  1. explosion_remix.jpg

  2. img_20170511_084537.jpg

  3. fireball_remix.jpg

  4. dsc07907.jpg



[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)