Scope ARの拡張現実コンテンツ制作ツールWorkLinkがMicrosoft Hololens用バージョンをローンチ

次の記事

iTunesがWindows Storeにやってくる

Microsoftの3000ドルもするHoloLens開発キットは、去年から今年にかけてたくさん出た消費者製品よりも多くの関心を集めてきたが、忘れてならないのは、その拡張現実ヘッドセットが、企業の空間的コンピューティングの新たなスタンダードを目指していることだ。

今日(米国時間5/11)、カナダ、アルバータのScope ARは、拡張現実のコンテンツ制作プラットホームWorkLinkの、HoloLensバージョンを立ち上げ、たとえば企業の遠隔地の作業員に、複雑な機械の修理や組み立て方法をAR画面で教えられるようにした。

Y Combinatorが支援している同社のツールは、それを使ってCADのモデルを実物オブジェクトの上にオーバレイできる。そしてそれにより、専門家からの指示や助言を受けられる。問題が起きても、手の施しようを迅速に教えてもらえる。そんなARベースのコミュニケーションはタブレットとマーカーを使って行われることが多いが、同社がねらっているのは、今後はそれをヘッドセットベースで行うことだ。

2010年に創業された同社は、誰も知らない間に多くの有名企業を顧客に抱えるようになっているが、守秘義務のためにその名を明かせないことが多い。今ここで勝手に挙名できるのは、NASA, Boeing, Lockheed Martin, Toyotaなどだ。

HoloLensの問題は、それがコンテンツを載せやすいハードウェアではないことだ。デベロッパーにとってそれは、UnityでHololensボタンを押すほど簡単な作業ではない。技術的な難関を、乗り越えなければならない。

WorkLinkは、HoloLensの外向奥行きセンサーを利用して作業対象のオブジェクトの上に粗いメッシュをかぶせ、そこにARによる手取り足取りのインストラクションを付ける。それは同社によると、“PowerPointでプレゼンテーションを作るぐらい易しい”そうだ。顧客サポートに伝えるべきARコンテンツを、非技術系の社員でも容易に作れるようになる、という含意だろう。今そのためのユーザープラットホームとしては、iOSとAndroidとWindowsをサポートしている。

“HoloLensにコンテンツを載っけるのはこれがいちばん簡単”、とScope ARのCEO Scott Montgomerieは宣伝も怠りない。


[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))