Nintendo Switch版Minecraft登場

次の記事

Googleが支援するCMUの「スーパーセンサー」プロジェクトは、普通の機器の世界にIoTパワーを持ち込む

先週開催されていたMicrosoftのBuild 2017イベントの、多数の発表の1つにはなっていなかったが、(米国時間)5月11日朝、Microsoftは、数年前に25億ドルで買収したゲームであるMinecraftが、Nintendo Switchに登場することを発表した。Microsoftによれば、この新しいゲームにはコンソールバージョンと同じ機能が含まれており、さらにマルチプレイヤーのミニゲームBattle and Tumbleも含まれているということだ。

そしてSwitchの柔軟性のおかげで、もし全員がSwitchを持っているなら同時に8人のプレイヤーがオンラインで、もしくはローカルで遊ぶことができる。あるいは1台のコンソールを使って同時に4人が1台のテレビの分割画面上で遊ぶこともできる。もしテレビがない場合には、本体のスタンドを使ってテーブルモードで遊ぶこともできる。この場合でも最大4人のプレイヤーが分割されたスクリーン上で同時に遊ぶことができる。プレイヤーたちは好みに応じて、Joy-ConまたはProコントローラーのいずれかを使用することができる。

Switchはポータブルなので、家を出ても引き続きプレイすることができる。Microsoftによれば、大画面テレビを使っていたとしても、あるいは携帯モードで使っていたとしても、ゲームは720pの解像度かつ60fpsでスムースに動作する。

このエディションでは、MicrosoftはSuper Mario Mash-Up Packも投入している(Wii U版にもMarioのテクスチャとスキンがあった)。

このパックには、マリオの音楽やキャラクターだけでなく、クリボーやパックンフラワー、象徴的なパイプなどのマリオをテーマとしたワールドが含まれている。Super Mario 64からの15曲と、ゲームからは、ピーチ姫、キノピオ、ヨッシー、コクッパ、ワリオといった40のキャラクターが取り込まれている。

Nintendo Switch版Minecraftにはこの他にも、中国神話、ハロウィン、ギリシャ神話といったいくつかのワールドを加わっている。またRedstone Specialists、Battle and the Beastの複数のスキンパック、そして2つの詰め合わせパックを含む多くのスキンパックも加わっている。

Microsoftによればこのゲームは(米国時間)5月11日から公開されるが、まずは北米のNintendo eShopで公開され、翌日にはヨーロッパと日本でも公開される予定だ。物理的パッケージ版も将来登場の予定である。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)