Intel、最大12コアのCore i9 CPUをまもなく発表か

次の記事

シンガポールにスーパーカーの自動販売機ビルがオープン

もうすぐComputexカンファレンスが開催される。本誌はPCコンポーネントの最新情報を本格的に追っているわけではないが、Intelの計画に関するこのリーク情報は興味深い。IntelはデスクトップCPUの最新ラインアップとして、ハイエンド12コアのCore i9 CPUをまもなく発表するらしい。

Intelの計画がリークされたのはAnandTechの掲示板だ。どうやら社員か提携会社の誰かが、ドイツ語のPowerPointプレゼンを写真に撮ったようで、次期ラインアップの一覧表が見える。

詳しくはAnandTechを見てもらうとして、最上位機種は怪物になりそうだ。12コア、消費電力140 Wはこの分野で最強のCPUと言ってよいだろう。これを使えるのはデスクトップコンピューターだけで、もし来るべきMac Proに採用されたらすばらしい。

唯一の問題は、Intelの上位CPUが概して非常に高価なことだ。このCore i9 CPUが1000ドルを超えても私は驚かない。

ほかのCore i9シリーズは、6、8、または10コアになるようだ。シングルスレッドのタスクを走らせることが多い人なら、Turbo Clock 3.0という新しいクロック状態を使えばシングルスレッドタスクを高速クロックで動かすことができる。

新しいCPUシリーズはまもなく発表されるはずで、出荷は6月でハイエンドのi9だけは8月の予定。多くの人々はノートパソコンや下位のCPUを使うだろうが、IntelがCPUの領域でイノベーションを続けているのを見ることはうれしいものだ。いずれは誰もがその恩恵にあずかることだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook