クラウド上で1000 TPUのクラスターをディープラーニングの訓練や推論に使える無料のプログラムをGoogleが外部研究者に提供

次の記事

Android Goは、超低価格スマホ用の軽量版Android

Google I/O初日(米国時間5/17)の最後を飾ったのは、研究者たちが無料で同社最先端の機械学習技術を利用できるプログラム、TensorFlow Research Cloudだ。研究者はその上で自分のアプリケーションを動かすことができ、利用にあたって、大学に籍があるなどの資格要件はない。

利用を認められた研究者は、クラウド上の1000 TPU(‘Cloud TPU’)のクラスターにアクセスして訓練や推論処理を実行できる。TPUは、1基の性能が180TFLOPSで、64GBのメモリを自分で持つ。使える時間は、承認されたプロジェクトによって異なる。

承認の条件のひとつは、その研究プロジェクトの詳細が他の研究者によるレビューの可能なメディア上に一般公開され、コードがオープンソースであることだ。公開はまずい、というプロジェクト用にGoogleは、民間企業が社内的に利用できるCloud TPU Alphaというプログラムを準備中だ。

申し込みはまだ完全オープンではないが、Googleに問い合わせれば、記入すべきフォームを指示される。そこに、訓練集合の大きさとか、モデルの訓練に要する時間、モデルの訓練に使用したいプラットホーム、使用するハードウェア、などを記入する。

審査は段階的に行われ、落ちた人はまた新しいプロジェクトで再挑戦するよう、Googleは奨励している。



[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))